「退職金があるから、老後は何とかなるだろう」
きっと、そう考えている人が多いのではないでしょうか。

多くの人は、60歳になったら、仕事はほどほどにして悠々自適にセカンドライフを暮したい」
そう思いを巡らせていることと思います。

ですが実際には、夫婦2人が老後にゆとりある暮らしをするために必要な生活費は、月額平均およそ35万円です。



① 「ねんきん定期便」をお手元にご準備ください

② 上記に入っている数字をシミュレーターにいれてみましょう



定年退職時に1000万円以上の貯金があっても、利息だけでは年間の生活費の不足は賄えません。
さらに、想定外の出費が発生してしまったら、預貯金もすぐに底を突いてしまいます。
そういったことからも、暮らしに不安を感じている高齢者は全体の8割にのぼります。



少子高齢化が進む今後、年金だけではゆとりある生活どころか、生きていくこともままならない時代がそこまできています。
100歳までに不足する生活費は1億円とも言われています。

1億円を貯めるのに生活費を切り詰めてギリギリまで生活水準を落として毎日を過ごし、預貯金が目減りするだけの通帳を眺める生活をあなたはしたいですか?

和不動産では、老後にいざというときの預貯金は残しながらも、毎月決まった収入が得られる仕組み作りの方法があります。 その方法を知りたいかたはセミナーに参加してみませんか





世界有数の長寿国日本では、医療の発展により平均寿命が延び、定年後のセカンドライフの期間が長くなっています。
いくら貯金があっても、収入が無ければ老後はお金を取り崩すしかないので、元本は減り、資産運用の効率は悪くなっていきます。
不足する年金を補うためには、現役世代のように毎月安定した収入が得られる「お給料の代わり」があれば安心だと思いませんか?


もし、老後に必要な1億円を「貯める」ことにとらわれず、「お金が貯まっていく」仕組みで資産を殖やせる方法があるなら知りたくはないですか?



当社がおすすめするのは、東京23区築浅ワンルームマンション経営です。
なぜなら、今の生活に負担をかけなくても「都心」の「中古」築浅ワンルームマンション経営なら現役サラーマンでもできるのです。
「今の生活に余裕がないのにマンション経営なんてとうてい無理…」 現役のサラリーマンだからこそできる老後対策 「今の生活に余裕がないのに、マンション経営なんてとうてい無理!」と思うかもしれません。

しかし、お勧めする都心築浅ワンルームマンション経営は、月々のローンを返済しても手元に家賃収入が残るのです! だから、お金をもらいながら老後に備えることができます。
実はその理由は、「借りた資金の利息以上の収益を得る」ということで、この方法を知っていると、「良い借金」をすることができるのです。お金持ちは皆、この手法を味方につけています!


ほぼほぼ個人資本である融資を組んでも同じく個人資本の賃借人の賃料で支払ってもらうので、一番不安な老後には家賃収入にプラス物件という資産も手にはいります。
これなら収入を得ながら老後に備えることが可能です。
今も老後も楽しめる、他人のお金を最大限に利用する資産運用方法として、現役時代だからこそできる和不動産が提案する都心築浅中古ワンルームマンションを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行にお金を借りて、そのお金(ローン)は入居者の家賃で支払ってもらえます。 これなら自己資金を最小限に抑え、さらに収入を得ながら老後に備えることが可能です。
他人のお金を最大限に利用する資産運用方法なら、安心して今も老後も楽しめます。
そのためには、若いうちから和不動産がおすすめする都心築浅ワンルームマンションを活用した老後の試験対策を検討してみてはいかがでしょうか。
和不動産では、ワンルームマンション経営セミナーをほぼ毎日行っています。 来たるべき老後の資金不安を解消し、安心して暮らすすべを身に付けましょう。



2019年6月3日に金融庁による「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」が公表されて以来、この話題が日本中を席巻しました。和不動産ではかなり以前よりこの問題に注目しており、今から2年半もの前の2017年1月27日に和不動産 代表取締役 仲宗根和徳が執筆した「老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』」を出版しました。
人生100年時代を迎えた今、「公的年金で老後を賄えば」という話は以前から周知の事実であり、マスコミのクローズアップにより、より白日にさらされただけなのです。
◎老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』
203X年、国民年金制度は破綻する! ?
もはや他人事ではない「老後破産」「下流老人」「収入格差」を防ぐ、たった一つの方法。

先行き不透明な社会保障制度に対する不安から、巷では資産形成の方法として金融商品や仮想通貨などへの投資が過熱しています。
そのような中でも「不動産投資」は初心者でも堅実に安定した運用として人気が上がっております。本書は「サラリーマンが」「老後の生活を守るための」方法として、ワンルームマンション経営の優位性とその具体的なノウハウを知らしめる書籍です。

これからの社会がどう推移していくのか?いったい老後にいくらあれば不安なく過ごせるのか?
そもそも、なぜ普通のサラリーマンが「老後破産」に陥ってしまうのか?

サラリーマン必見。今すぐ、無理なく、一生続けられる資産形成の指南本。