過去の記事一覧

  • タンス預金イメージ

    家計調査、消費よりも貯蓄優先の傾向

    総務省が2019年5月10日(土)に家計調査を発表した。 2018年度は、「黒字率」の割合が30%を超えたという。黒字率とは、収入を貯蓄に充てた割合を示すものだ。 働く女性が増えている事や、資産を保有する高齢者の増加…
  • 貯蓄と家計

    家計の「黒字率」30%超 自由に使えるお金、消費より貯蓄 昨年度、収入増でも備え優先

    家計で貯蓄にお金をまわす傾向が強まっているといいます。総務省が5/10日発表した家計調査によると、収入を消費でなく貯蓄などにあてた割合を示す「黒字率」が2018年度に30%を超えました。働く女性や高齢者の増加で家計収入は…
  • 負担増

    社会保障 増税頼み脱却

    令和の日本は少子高齢化が一段と進むことが明白になっている。高齢者を支える現役世代の負担はどんどん重くなる。経済や社会の活力が損なわれかねないのだ。 今年は、消費税の税率が10%に引き上げられる。増税後の負担と給付のあり…
  • 注射器

    ガン10年生存率56.3%へ上昇

    国立がん研究センターなどの研究班は9日、2002年からの4年間でがんと診断された約7万人の10年生存率は56・3%だったと発表した。1年前の前回調査よりも0・8ポイント上昇。早期の大腸がん、乳がんなどの生存率は9割を超し…
  • 売買契約

    不動産売買3年ぶり減少へ 18年度 海外マネー停滞、価格高騰や物件不足で

    2018年度の取引額は3年ぶりに減少に転じる見通しだ。昨年度まで積極的な買い手だった海外勢の売買が減った影響が大きい。オフィスを中心に不動産市況は好調だが、新規供給が少ないなかで物件の価格が高止まりし、過熱感が意識されて…
  • 万円札

    ソーシャルレンディングで最大手の「maneoマーケット」を相手に集団訴訟

    ネットで高めの利回りをPRして事業資金を募るソーシャルレンディングで最大手の「maneoマーケット」(マネオ、東京)などを相手どり、個人投資家57人が計約11億円の損害賠償を求める集団訴訟を8日にも東京地裁に起こす。ウソ…
  • 調査

    30~40代の金銭感覚に関する調査結果について

    SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が23.1%になり、前年比6ポイント増だった。平均貯蓄額も前年より52万円減の195万円に低下。…
  • スタッフ

    オーナー様からの評判・口コミ|Y様 30代男性

    >>不動産投資にご興味を持ったきっかけを教えてください。 25歳頃、将来の資産形成のために何かしなければと思っていたところ、不動産投資を既に始めていた友人から話を聞いて面白そうだなと思ったのがきっかけです。その友人…
  • 説明のスタッフ

    オーナー様からの評判・口コミ|T様 30代男性

    >>初めに、なぜ不動産投資を弊社でお始めになろうとお考えになったのですか? もともと、妻が和不動産さんで3年ほど前に物件を購入し、不動産投資を行っていたんです。そのことが最も大きな理由ですね。妻からは不動産投資…
  • スタッフ

    オーナー様からの評判・口コミ|N様 30代男性

    >>不動産投資に興味を持ったきっかけを教えてください。 元々自分が住むためにマンションを買ったのですが、その後転勤することになったので賃貸に出したんです。初めて不動産投資に触れたのはその時でしたが、本格的に不動…

特別企画バナー

老後破産対策に関するセミナー情報
>運営会社 和不動産の公式サイトへ移動します
老後破産対策に関する無料個別相談
オンライン相談
オーナーの声
マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト
和不動産公式サイト
不動産投資 初心者向け書籍
老後破産書籍
相続税対策の書籍のご案内

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る