過去の記事一覧

  • 老後破産|貯金は

    もはや優れた資産運用先とは言えない預貯金

    せっかく貯めたお金が使えない 「60歳以上の生活に関するアンケート」の中で「現在、実施している資産運用は何ですか?」と聞いたところ、最も多かった答えは預貯金でした。預貯金の金利は、現在(平成28年6月)0.0001%と…
  • 老後破産|8割が不安

    暮らしに不安を感じている高齢者は全体の8割

    年間所得200万円台の世帯が一番多い 老後破産は高年収のサラリーマンにとっても、決して縁遠い言葉ではないということをご理解いただけたと思います。それでは実際に高齢者はどのような生活をしているのでしょうか? それを確認し…
  • 老後破産|生活水準

    現役時代の生活水準にこだわれば老後破産に

    問題は収入と支出のバランス なぜ、老後破産に陥る人が増えたのか。その理由は、明確です。 もらえる年金が少なくなり、収入と支出のバランスが大きく崩れ、貯蓄を食い潰しているからになります。収入が支出を大きく上回れば、…
  • 老後破産 子世代の

    子ども世代の非正規労働も影響が

    働いていない子どもの生活費まで負担することで、貯金が減少する高齢者もいます。最近では、ワーキングプアや引きこもりなどを理由に、成人以降も子どもを養わなければならない高齢者が増えてきているのが現状です。 また、競争社…
  • 老後破産と年金

    老後破産、貯金1000万円・年金20万円では防げない

    老後1000万円の貯金があっても老後破産する!? 老後破産になりやすい人には、意外な特徴があります。それは、退職までにコツコツ積立をして、老後1000万円以上の貯金があり、対策が十分であると思われた人。かつて、そこそこ…
  • 老後破産16人に1人

    16人に1人が老後破産状態

    老後破産という言葉が有名になったのは、2014年9月28日に放送されたNHKスペシャル『老人漂流社会〝老後破産〟の現実』という番組がきっかけです。そこでは、生活保護水準以下の収入しかないにもかかわらず、保護を受けていない…
  • 老後お金減少

    年金があっても老後の生活費は3000万円も不足する?

    ▼老後の生活費は3000万円も不足する? 60歳が定年退職という会社がまだまだ多い中、60歳以降にどんな生活を送ろうと考えていますか。ほとんどの人が「60歳になったら、仕事は程々にして悠々自適に暮らしたい」と考えて…

特別企画バナー

老後破産対策に関するセミナー情報
>運営会社 和不動産の公式サイトへ移動します
老後破産対策に関する無料個別相談
オンライン相談
オーナーの声
マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト
和不動産公式サイト
不動産投資 初心者向け書籍
老後破産書籍
相続税対策の書籍のご案内

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る