過去の記事一覧

  • 老後破産|新築ワンルーム編

    寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆新築ワンルーム編◆

    最も相談が多いのは新築ワンルームマンション セミナー後の個別相談で、一番相談されることが多いのは、新築ワンルームマンションを購入した人です。相談内容は大きく分けて2つあります。 1つが、新築のワンルームマンション…
  • 老後破産|アパート編

    寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆アパート編◆

    サブリースを過信してはいけない 一般の人が、不動産投資といって真っ先に思い浮かぶのはアパート経営でしょう。セミナーに来られる人の中にも、アパート経営を行っている人も多いのが現状です。 アパート経営を行っているオー…
  • 老後破産|中古一棟RC

    寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆中古一棟RC(鉄筋コンクリート造)物件編◆

    「失敗しない」不動産投資とは 私が代表を務めます株式会社和不動産では、毎週水・土・日を中心に年間150回ほど不動産投資セミナーを開催しております。参加者の割合は、もうすでに不動産投資を始めている人が半分、これから不動産…
  • 老後破産|片手間

    片手間ではできない一棟物件のオーナー業

    「収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資」と「リスクは高いが収益性を第一にした不動産投資」のどちらを目指すかは、オーナーの不動産投資家としてのレベル(スキル)と望む将来のイメージによっても変化します。 …
  • 老後破産|「マンション経営」を本業にするのか

    「マンション経営」を本業にするのか、サラリーマンを続けるのか

    不動産投資の目的は3つある 第1章では、老後破産を不動産投資で回避することが、好ましいとお伝えしました。しかし、不動産投資には「新築OR中古」「ワンルームマンションORアパート」「都心OR地方」など、いろいろなやり…
  • 老後破産|長生きのリスク

    死ぬリスクより長生きするリスクの方が高い?

    平均寿命が延びた今、世帯主が早期に亡くなる早死にのリスクより、老後破産が叫ばれている現在では、長生きのリスクに対して対策を取ることの重要度が高まっています現役時代の主なリスクは、子どもが成人するまでの生活費と子どもの教育…
  • ゆとり団信

    今の生活に負担をかけなくてもマンション経営はできる

    生命保険の代わりになるというメリット 不動産投資の何に魅力を感じますかという質問を「現役世代に対して行った老後に関するアンケート」で実施したところ、「自己資金が少額である」「銀行に預けるよりもリターンが期待できる」「老…
  • ローンセミナー

    投資のゴールを決めれば失敗を防げる

    必要な老後資金をゴールに設定 現役世代に対して行ったアンケートによると、「老後の生活費はいくらぐらい必要ですか?」という問いに対して、20~39万円程度あれば生活できると考える人がほとんどという結果になりました。少しゆ…
  • 現金化

    失敗しない不動産投資を選ぼう

    安定した不動産投資こそ老後破産を回避する賢明な方法 とはいえ、不動産投資と言っても「新築OR中古」「ワンルームマンションORアパート」「都心OR地方」などといろいろな種類のやり方があります。 書店に行けば不動産投…
  • 価格

    年金とワンルームマンションの家賃で現役並みの収入を確保

    毎月10万円から20万円の収入が得られる仕組みをつくる 年金の足りない分を貯金で補填すれば減っていくのは当たり前です。たとえ使わずに貯めておいても、インフレによってどんどん目減りしていくという現実もあります。 言…

特別企画バナー

老後破産対策に関するセミナー情報
>運営会社 和不動産の公式サイトへ移動します
老後破産対策に関する無料個別相談
オンライン相談
オーナーの声
マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト
和不動産公式サイト
不動産投資 初心者向け書籍
老後破産書籍
相続税対策の書籍のご案内

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る