過去の記事一覧

  • 出張

    ワンルームマンションが長期ステイのホテル代わり

    近年、単身赴任が増加傾向です。今や企業に勤める人の30人に1人が、単身赴任だとも言われています。単身赴任が増えた背景には、転勤の際に起こる障害が増えたということです。その障害とは、①子どもを転校させなければならないこと②…
  • 楽しい会話

    日本で高度な教育を受けた外国人が増える

    アベノミクスで再開発された大型ビルには、どのような企業が入居するのでしょうか。 アジアの拠点を目指している政府は、再開発したビルに外資系企業を入居させようと考えています。そのため、外資系企業を誘致するためにも、世界…
  • 高層ビル

    入居ニーズが多様化する東京

    人口が減っても単独世帯は減らない マンション経営の一番の天敵は、「空室」です。私たちが都心の築浅中古ワンルームマンションを勧めている理由は、空室リスクが他のエリアに比べて極めて少ないからになります。結局のところ、家…
  • 安心

    相続対策にもワンルームマンションが効果的

    タワーマンション節税は、やりすぎ? 次は、2015年1月1日より行われた相続税改正の影響です。これにより、都内で亡くなる人の約半数、首都圏で亡くなる人の約45%が相続税の対象者になると言われています。 今後も…
  • 大都市

    アベノミクスによる国家戦略特区と民泊条例の影響はどうなる

    東京は国際ビジネス拠点を形成 安倍内閣は、国家戦略特区の第1次指定として平成26年5月1日、6地域を指定しました。 アベノミクスによる国家戦略特別区域法を受け、東京都は次のように宣言しています。 「20…
  • 地価上昇

    不動産市況は法令改正と金融機関の融資スタンスで 大きく変化する

    3つの法令改正で都心の魅力がアップ 老後破産を防ぐためのワンルームマンション経営は、なぜ都心がいいのか。それは、3つの法令改正により、今まで以上に都心のワンルームマンション経営の魅力が、アップしているからです。 …
  • 老後破産|立地

    マンション経営に失敗しないためには立地が重要

    東京オリンピック・パラリンピックで変わる都心の賃貸需要 マンション経営に失敗しないためには、なんといっても立地が重要です。それによって大幅にリスクを減らすことができるでしょう。 ご存じの通り、2020年に東京…
  • 老後破産|リスク

    初心者が回避すべきリスクと取るべきリスク

    不動産投資で怖いのは「欲」 不動産投資において一番怖いのは、「欲」です。これは、不動産投資だけではなく、他の資産運用やビジネスにも言えることかもしれません。私は、自分の実力以上のものに手を出した時に失敗する確率が高…
  • 5角形のグラフ(レーダーチャート)

    不動産投資に大切なのは運用力と改善力

    不動産投資を始めないのも大きなリスク ここまで、いろいろなパターンの相談事例をご紹介しましたが、マンション経営はきっちりと長期にわたる収益が出るように運営していくことが大切です。不動産投資を始めると多かれ少なかれ、…
  • 老後破産|売却できない不良債権化した物件編

    寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆売却できない不良債権化した物件編◆

    収支が赤字でも売却益でカバーできるという誤り 不動産投資のデメリットの1つに流動性が低いことが挙げられます。これがもとで、失敗されている人も多いのが現実です。不動産投資で失敗する人の特徴として、バブル期の不動産投資…

特別企画バナー

老後破産対策に関するセミナー情報
>運営会社 和不動産の公式サイトへ移動します
老後破産対策に関する無料個別相談
オンライン相談
オーナーの声
マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト
和不動産公式サイト
不動産投資 初心者向け書籍
老後破産書籍
相続税対策の書籍のご案内

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る