過去の記事一覧

  • 老後破産|3大リスク

    不動産投資失敗の3大理由 

    マンション経営を始めるに当たり気になるのはリスクでしょう。老後破産を回避するサラリーマンの資産運用に「失敗」は許されません。まずは、成功することを前提にした物件選びをしたいところです。 ズバリ、不動産投資失敗の3大…
  • 老後破産|運営コスト

    不動産投資失敗の3大理由 ~購入後の運営コストのリスク~

    家賃が高い物件を購入することで運営コストを抑える 毎月かかるコストと臨時のコスト 購入時のプラン通りに運用が進むことと家賃が8万円以上であることが重要だとお伝えしましたが、これは運営コストの面においても、非常に重…
  • 老後破産|家賃の下落

    不動産投資失敗の3大理由 ~家賃の下落リスク~

    積極的なリフォームで家賃の下落リスクを回避 家賃下落の理由が設備の劣化ならリフォームで対応 購入時のプランで長期的に運営できることこそが、マンション経営に失敗しないためには重要になります。その意味では、マンション経営…
  • 老後破産|家賃の下落

    不動産投資失敗の3大理由 ~空室リスク~

    家賃8万円以上の部屋で空室リスクを回避 入居者を社会人に限定する理由 第3章で東京は単身者が増えているのに、ワンルームマンション規制のために供給が制限されていると説明しました。2015年の国勢調査でも前回(201…
  • 老後破産|不動産投資失敗の3大理由|空室

    新築の少ないエリアだから あえて中古ワンルームマンションを選ぶ

    2000~07年に作られたワンルームマンションが狙い目 ここまで述べてきたように、東京23区でワンルームマンションの建築が規制されていることが、逆に都心のワンルームマンションの希少性を高めているということです。その…
  • 老後破産|1R規制

    需要はあるのに建築できないワンルームマンション

    東京23区独特のワンルームマンション規制 単身者が増えており、賃貸ニーズが高い都心のワンルームマンションは、東京都内で建築ラッシュになっているかというと、そういうわけではありません。なぜなら、ワンルームマンションの…
  • 老後破産|晩婚化

    晩婚化や未婚化でワンルームマンションの入居需要が増加

    晩婚化・未婚化は少子化社会において、大きな問題です。ワーキングプアと呼ばれる低賃金で働いている若者も多いことから、結婚に踏み切れないといった現状もあるのでしょう。さらに女性の社会進出が進むにつれ、男性に依存しなくても人生…
  • 建物

    大学の都心回帰で学生のニーズが増加

    今、東京23区の大学に通う大学生が増えています。これは、土地利用を制限する法律「天下の悪法」と呼ばれていた「工場等制限法」が2002年に廃止され、今まで制限されていた大学の建設が認められた影響です。この法令改正で、都心に…
  • 老後介護

    ワンルームマンションに住むのは若年層だけではない

    近年、年寄りの交通事故は、大きな社会問題です。地方で暮らしている高齢者は、車がなければ生活できないのも容易に想像ができます。しかし、 健康の問題で車が運転できなければ、不便極まりない生活環境に陥ってしまうでしょう。 …
  • 旅行

    外国人旅行者の増加でホテル代わりに

    皆さんご存じの通り、近年、外国人旅行者が非常に増えています。私の事務所の近くの秋葉原も外国人旅行者で溢れている状態です。外国人旅行者が爆発的に増えた影響で、ホテルクライシスとも呼ばれるホテル不足が問題になっています。この…

特別企画バナー

老後破産対策に関するセミナー情報
>運営会社 和不動産の公式サイトへ移動します
老後破産対策に関する無料個別相談
オンライン相談
オーナーの声
マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト
和不動産公式サイト
不動産投資 初心者向け書籍
老後破産書籍
相続税対策の書籍のご案内

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る