過去の記事一覧

  • 年金繰り下げ受給 手取り額の具体的な変化

    定年後、公的年金をもらい始める時期を遅らせて金額を増やす「繰り下げ受給」。 具体的には、1カ月遅らせるごとに受給額は0.7%増えていきます。年金から税金や社会保険料を差し引いた手取り額に換算するとどれくらい増えるの…
  • 単身高齢者、三大都市圏で1割超え

    11月26日の日経新聞に掲載されていた記事を基に、老後破産がいかに身近になっているかを検証していきたいと思います。 高齢化が進んでいる地域は、どんどん過疎化が進んでしまいます。都心のワンルームのニーズは、今後は単身の高…
  • 銀行の「休眠預金」、郵政民営化前の「睡眠貯金」失う前に確認を

    10年以上放置された預金「休眠預金」を社会事業に生かす「休眠預金制度」が2019年1月から始まります。 金融機関に申請すれば払い戻せる仕組みですが、引っ越しや転職で把握が難しい場合もあり、本人の確認が大切になります。滞…
  • アパート融資

    地銀のアパート融資 不動産業者と相互依存の強さ浮き彫り

    11月21日の日経新聞に、日経新聞が地銀に対して行ったアパート融資に関するアンケート結果の記事がございましたので、ご紹介いたします。 日本経済新聞が地方銀行に実施した調査で、地銀が行っている投資用不動産向け融資・通…
  • 老後破産 年金支給額

    『マクロ経済スライド』発動 年金抑制の課題とは

    11月22日の日経新聞に、年金抑制策「マクロ経済スライド」に関する記事が掲載されていたので、ご紹介いたします。 厚生年金など公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」が2019年度に発動される見通しです。 …
  • セミナーを聴く男性

    オーナー様からの評判・口コミ|M様 30代男性

    >>はじめに、不動産投資に興味をもったきっかけを教えていただけますか 大学院の研究室が同じだった先輩に、和不動産さんを紹介してもらったことがきっかけでした。 当時は投資などの資産活用は何もせずにただ貯金を…
  • 思っている以上にあなたは長生きする

    11月24日の東洋経済より平均寿命が延びていることについてご紹介します。 「人生100年時代」という言葉を知ってますでしょうか。 今世紀に生まれた子供たちの寿命が100歳を超える時代になりました。 1980年前…
  • 年金対策 マンション経営

    12/26(水)年金対策は東京の不動産投資で‼~老後破綻を防ぐために~

    破綻の不安が付きまとう年金制度。 誰もが不安を抱くこの福祉制度の基本から解説。 制度をまずはよく知ることが大事です。 そのうえで、年金制度だけでは賄うことができない 余裕のある老後の暮らしをどうす…
  • 老後破産 外貨保険

    外貨保険の中途解約リスク

    11月10日の日経新聞に掲載されていた、外貨建て保険についてご紹介します。 退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えています。 米ドル、豪ドルといった外貨で保険料を一時払いする商品の市場…
  • 年金対策 個人

    年金は個人の運用が主流に 企業年金、確定拠出が5割超え

    10月24日の日経新聞に掲載された確定拠出年金についての最新情報をご紹介します。 従業員の年金を確定拠出型で支払う企業が増えています。 10月23日、厚生労働省は企業年金制度のある企業の内、従業員が運用手段を決め…

老後破産対策に関するセミナー情報

老後破産対策に関する無料個別相談

不動産投資 初心者

相続税対策の書籍のご案内

engage

人事ブログ

マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト

和不動産youtubeチャンネル

和不動産公式サイト

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る