具体的な老後破産対策例

マンション経営を始めるに当たり、最初に行わなければならないことは目標を決めることです。

将来、毎月どのくらいのキャッシュフローを希望しているかによって、その方法は変わってきます。

仮に、毎月30万円のキャッシュフローを希望する人は、ローン完済後の家賃収入が手取りで30万円以上になるように物件を購入して運用していかなければなりません。

逆に、ローン完済後の手取り家賃収入が毎月30万円あればいい人が、毎月100万円入る計画を立てるのは無意味です。自分の目標に合った計画を立てることは、非常に重要なポイントとなります。

さらに、収益物件購入後の運用フェイズで、どうすれば運用効率を上げて、より確実な成功を手繰り寄せていけるのか、そのポイントを解説していきます。

「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用した具体的な方法を確認していきましょう。

 

マイナス金利を味方につけ、効果的に活用

マイナス金利の今こそ絶好の借り時

マイナス金利下、融資を受けやすい3つの物件とは?

機関投資家の運用に学ぶ

表面利回りの概念を打ち破る「イールドギャップ」と 「レバレッジ効果」

レバレッジ効果が活きる条件とは?

頭金を効果的に運用しよう

金利が安いのと物件価格が安いのとではどっちが得?


老後に通算家賃収入1億円を確保する方法

目的に合わせた計画を練る

ローンを定年時に完済できる額に抑える

繰り上げ返済で 60 歳までにローンを完済

35 歳サラリーマンが老後に通算家賃収入1億円を得る方法

40 歳サラリーマンは家計の見直しで資産運用を加速させる

個人の資産状況や目的に合わせて投資プランを作る

 

 

ページ上部へ戻る