老後破産に最適な不動産は

老後破産対策のはずが、目先の利益を追いかけることが目的になった結果、逆に資産を減らして更なる老後不安を抱え込んでしまっては、何の意味もありません。

では、将来に向けて備えていくには、どのような不動産投資が最適なのでしょうか?

不動産投資といっても、区分・一棟、新築・中古、マンション・アパート・戸建など、多様な投資先があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

みなさまの状況が違いますので、一概にどれが最適かとは言えませんが、サラリーマンの方には「都心の築浅中古ワンルームマンション」をお勧めします。

その理由を相談事例やポイントを挙げてご紹介します。

テレビや書籍・雑誌などで、「毎月○百万円」「年収○億円」など、大きな収入をうたったものが良く見受けられますが、「老後破産を回避」するためには、はたしてそこまで大きな収入が必要なのでしょうか?

もちろん「大きなリスクをとって大きなリターンにチャレンジする」という、利益目的で成功されている方もいらっしゃいますので、否定は致しませんが、もし「老後破産を回避」することを目的とするのであれば、「仕事を続けながらも堅実に将来に対して備えることができる」ことをお勧めします。

不動産投資のリスクや失敗しないために気をつけるべきポイントを確認して、より自分の目的に合った安心できる不動産投資法を確認していきましょう。

相談事例に学ぶ。老後破産を防ぐ最適な不動産投資とは?

「マンション経営」を本業にするのか、サラリーマンを続けるのか

片手間ではできない一棟物件のオーナー業

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆中古一棟RC(鉄筋コンクリート造)物件編◆

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆アパート編◆

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆新築ワンルーム編◆

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆地方中古区分ワンルーム編◆

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆都心中古ワンルーム編◆

寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆売却できない不良債権化した物件編◆

不動産投資に大切なのは運用力と改善力

初心者が回避すべきリスクと取るべきリスク

 

なぜ「都心築浅中古ワンルームマンション経営が最適なのか?

マンション経営に失敗しないためには立地が重要

不動産市況は法令改正と金融機関の融資スタンスで 大きく変化する

アベノミクスによる国家戦略特区と民泊条例の影響はどうなる

相続対策にもワンルームマンションが効果的

入居ニーズが多様化する東京

日本で高度な教育を受けた外国人が増える

ワンルームマンションが長期ステイのホテル代わり

外国人旅行者の増加でホテル代わりに

ワンルームマンションに住むのは若年層だけではない

大学の都心回帰で学生のニーズが増加

晩婚化や未婚化でワンルームマンションの入居需要が増加

需要はあるのに建築できないワンルームマンション

新築の少ないエリアだから あえて中古ワンルームマンションを選ぶ

 

3大リスクを上手に回避。失敗しない中古ワンルームマンション選び

不動産投資失敗の3大理由

不動産投資失敗の3大理由 ~空室リスク~

不動産投資失敗の3大理由 ~家賃の下落リスク~

不動産投資失敗の3大理由 ~購入後の運営コストのリスク~

家賃が8万円以上取れる狙い目エリアはここ

中央区の利便性の高さは群を抜く

購入するなら複数のオフィス街を結ぶ路線

売った理由がわかれば不安は解消できる

ページ上部へ戻る