あなたの年金はいくら?定年間際ではもう遅い!

本を読んでも難しい方はエセミナーに参加!

現役時代からの準備で老後不安を解消

あなたの年金はいくら?定年間際ではもう遅い!

普通のサラリーマンが老後破産に陥りやすい理由とは?年金があっても生活費は2000万円も不足する?「退職金があるから、老後は何とかなるだろう」きっと、そう考えている人が多いのではないでしょうか。
多くの人は、60歳になったら、仕事はほどほどにして悠々自適にセカンドライフを暮したい」そう思いを巡らせていることと思います。ですが実際には、夫婦2人が老後にゆとりある暮らしをするために必要な生活費は、月額平均およそ35万円です。

「老後への不安を解消するすべが学べる」セミナーに参加してみませんか

マンション経営セミナーバナー

普通のサラリーマンが老後破産に陥りやすい理由とは?

年金があっても生活費は老後資金が2,000万円以上も不足する?

「退職金があるから、老後は何とかなるだろう」きっと、そう考えている人が多いのではないでしょうか。多くの人は、60歳になったら、仕事はほどほどにして悠々自適にセカンドライフを暮したい」 そう思いを巡らせていることと思います。 ですが実際には、夫婦2人が老後にゆとりある暮らしをするために必要な生活費は、月額平均およそ35万円です。

ゆとりある老後生活費

「老後の最低日常生活費」と「老後のゆとりのための上乗せ額」を合計した「ゆとりある老後生活費」は月額で平均34.9万円となっている。

生活保障に関する調査(速報版)

※出典:生活保障文化センター「平成28年度生活保障に関する調査(速報版)」

自分は年金をいくらもらえるから、老後の生活は大丈夫とおもっていませんか?

シミュレーターを使えば将来受け取れる年金額がわかる!

「自分はいったいいくら年金がもらえるのだろう?」と気になりませんか?
以下のシミュレーターでは、将来受け取れる年金がかんたんに試算できます。

1.「ねんきん定期便」をお手元にご準備ください

ねんきん定期便

2.上記に入っている数字をシミュレーターにいれてみましょう

年金シミュレーターバナー

いかがでしょうか。ゆとりある老後の暮らしへの備えは十分、大丈夫と言い切れますか?
個別相談バナー

貯蓄1000万円でも年金が月額20万円だと老後破産する時代

老後は40年!貯めるだけでは間に合わない

定年退職時に1000万円以上の貯金があっても、利息だけでは年間の生活費の不足は賄えません。らに、想定外の出費が発生してしまったら、預貯金もすぐに底を突いてしまいます。そういったことからも、暮らしに不安を感じている高齢者は全体の8割にのぼります。

Q老後生活に対する不安はありますか?

老後生活に対する不安のアンケート

少子高齢化が進む今後、年金だけではゆとりある生活どころか、生きていくこともままならない時代がそこまできています。100歳までに不足する生活費は1億円とも言われています。

100歳まで生きた場合、60歳から約1億円が不足に!

不足額は計約9240万円
※上記図内数字
【1】生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」より
【2】総務省統計局「統計調査報告(平成28年平均速報結果)」より

1億円を貯めるのに生活費を切り詰めてギリギリまで生活水準を落として毎日を過ごし、預貯金が目減りするだけの通帳を眺める生活をあなたはしたいですか?和不動産では、老後にいざというときの預貯金は残しながらも、毎月決まった収入が得られる仕組み作りの方法があります。

マンション経営セミナーバナー

不安を抱える8割の人は老後の不安を解消するすべを知らない

老後が不安な老夫婦

日本の平均寿命の推移と将来推計

日本の平均寿命の推移と将来推計

世界有数の長寿国日本ででは、医療の発展により平均寿命が延び、定年後のセカンドライフの期間が長くなっています。いくら貯金があっても、収入が無ければ老後はお金を取り崩すしかないので、元本は減り、資産運用の効率は悪くなっていきます。不足する年金を補うためには、現役世代のように毎月安定した収入が得られる「お給料の代わり」をつくらなければならないのです。

個別相談バナー

老後不安は貯金で補てんするのではなく、収入を得ることで解消!

毎月収入がある安心

もし、老後に必要な1億円を「貯める」ことにとらわれず、「お金が貯まっていく」仕組みで資産を殖やせる方法があるなら知りたくはないですか?

マンション経営セミナーバナー

「都心」の「中古」築浅ワンルームマンション経営

老後に通算1億円の不労所得を確保する方法

当社がおすすめするのは、東京23区築浅ワンルームマンション経営です。なぜなら、今の生活に負担をかけなくても「都心」の「中古」築浅ワンルームマンション経営なら現役サラーマンでもできるからです。

「今の生活に余裕がないのにマンション経営なんて到底ムリ…」
現役のサラリーマンだからこそできる老後対策「今の生活に余裕がないのに、マンション経営なんて到底ムリ!」と思うかもしれません。

マンション画像しかし、お勧めする都心の築浅中古ワンルームマンション経営は、家賃収入が毎月のローン返済額より多くなるのです! だから収支はプラスになり、収入も得ながら老後に備えることができます。
実はその理屈は、「借りた資金の利息以上の収益を得る」ということで、この方法を知っていると、「良い借金」をすることができるのです。お金持ちは皆、この手法を味方につけています!
個別相談バナー

中古ワンルームマンション経営を始めると、貯金ができる

銀行などから融資を受けてマンション経営を始めた場合、ローンの返済以上に家賃収入が入ってくるため、収益を預貯金に回せば貯金は貯まっていく。これで、老後の資金や子供の教育費、親の介護費用などの心配は軽減される。

収入を貯めて資産を増やす

ほぼほぼ個人資本である融資を組んでも同じく個人資本の賃借人の賃料で支払ってもらうので、一番不安な老後には家賃収入にプラス物件という資産も手にはいります。これなら収入を得ながら老後に備えることが可能です。

今も老後も楽しめる、他人のお金を最大限に利用する資産運用方法として、現役時代だからこそできる和不動産が提案する都心築浅中古ワンルームマンションを検討してみてはいかがでしょうか。
セミナーマンション経営バナー

他人資本を最大限利用したワンルームマンション投資

銀行にお金を借りて、そのお金(ローン)は入居者の家賃で支払ってもらえます。 これなら自己資金を最小限に抑え、さらに収入を得ながら老後に備えることが可能です。他人のお金を最大限に利用する資産運用方法なら、安心して今も老後も楽しめます。
そのためには、若いうちから和不動産がおすすめする都心築浅ワンルームマンションを活用した老後の試験対策を検討してみてはいかがでしょうか。 和不動産では、ワンルームマンション経営セミナーをほぼ毎日行っています。 来たるべき老後の資金不安を解消し、安心して暮らすすべを身に付けましょう。

個別相談バナー

「老後2,000万円不足問題」実際は?

6月3日に金融庁による「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」が公表されて以来、この話題が日本中を席巻しました。和不動産ではかなり以前よりこの問題に注目しており、今から2年半もの前の2017年1月27日に和不動産 代表取締役 仲宗根和徳が執筆した「老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』」を出版しました。人生100年時代を迎えた今、「公的年金で老後を賄えば」という話は以前から周知の事実であり、マスコミのクローズアップにより、より白日の元に曝されただけなのです。

◎老後破産を防ぐ『都心・中古ワンルームマンション経営』

203X年、国民年金制度は破綻する! ?
もはや他人事ではない「老後破産」「下流老人」「収入格差」を防ぐ、たった一つの方法。
先行き不透明な社会保障制度に対する不安から、巷では資産形成の方法として金融商品や仮想通貨などへの投資が過熱しています。
そのような中でも「不動産投資」は初心者でも堅実に安定した運用として人気が上がっております。本書は「サラリーマンが」「老後の生活を守るための」方法として、ワンルームマンション経営の優位性とその具体的なノウハウを知らしめる書籍です。これからの社会がどう推移していくのか?いったい老後にいくらあれば不安なく過ごせるのか?そもそも、なぜ普通のサラリーマンが「老後破産」に陥ってしまうのか?サラリーマン必見。今すぐ、無理なく、一生続けられる資産形成の指南本。

書籍・老後破産を防ぐ「都心・中古ワンルームマンション経営」(※Amazonページに遷移いたします)

マンション経営セミナーバナー

関連記事

ページ上部へ戻る