和不動産の年金対策の取り組み対する評判・口コミをご紹介いたします!

老後の貯金

政府任せの将来対策は終焉しました

2020年。世界はコロナショックで大打撃を受けています。この混乱の中で、日本政府の対応に不満を持った人も少なくありません。

コロナショックにより気づいた人も多いと思います。日本政府に頼り切ることは、危ないことだと。

コロナショックは、私たちに数多くの痛みをもたらしましたが、同時に私たちに数多くの気づきを与えてくれた出来事でもありました。もはや政府任せの将来対策は終焉を迎えたと言っても過言ではないでしょう。

もはや社会保障には頼れません

コロナショックで多くの国民がダメージを負っていても、保証はない。今回の件で、政府のスタンスが露呈しました。「政府には期待できない」が、「会社にも期待できない」そう思っている人も多いでしょう。

アメリカやドイツの名目賃金は上昇傾向にあるのに対し、日本の名目賃金はここ20年下降傾向にあります。平成30年の「民間給与実態統計調査」(国税庁)の統計によりますと、年収500万円を超える給料をもらっている人は約30.9%。日本社会は格差が広がっており、今後もその傾向は強まるだろうと予想されています。

政府も会社も信用できないのであれば、自分の身は自分で守るしかありません。そう考えて資産運用を検討する人が増えているのです。

家族の生活を守る方法

家族の生活を守るためには、資産運用を検討することが非常に重要です。金融庁が作成した統計によりますと、20代~50代の一番の悩みは「お金」。老後には、健康や介護にお金がかかるそう考えている人が多いから、お金の心配が絶えないのでしょう。

そのため、30代以降の過半数の人は老後を意識して生活しているのです。しかし、これはコロナショック前の数字。今後は、さらに老後を意識する人が増えるでしょう。

今の現状を考慮すれば、日本国民のほとんどが家族の生活を守る方法を考えなければならない状況に追いやられています。

将来の準備が必要です

老後のことが不安な人は、現実的に増えています。そのため、資産運用を検討するなど、将来の準備が必要です。実際に資産運用始めている人は、年々増えています。しかし、上手くいかないのも現実。

2019年5月に発表された金融庁の統計によりますと、現在の金融資産額と老後の備えに十分と自ら想定する金額の間には、各年代2000万円程度の開きがあります。つまり、これは資産運用が上手くいっていないことを示しているのです。

数ある資産運用の中で何を選べば良いかは、後ほど触れていきたいと思いますが、資産運用をしなければならないと考えているが上手くいかない現実をこの統計は浮き彫りにしています。

大家さんが安心して暮らせるワケ

資産運用の代表格は、株と不動産です。つまり、お金に困らない生活を送るためには、株や不動産を理解することが近道と言えます。不動産投資家のイメージといえば、大家さん。大家さんが安心して暮らせるのは、毎月家賃収入を得られるからです。

今回のコロナショックで生活が危機に瀕した人のほとんどが、収入が途絶えてしまった人です。つまり、収入の有無が生活に大きな影響を与えることは、間違いありません。

サラリーマンの多くは毎月働いているため、毎月の給料がもらえます。しかし、今回のような経済危機や定年退職して年金暮らしに突入すれば、収入が激減することもあります。そんな時に、毎月安定して入ってくる収入があれば、どれだけ生活が助かるかご理解いただけるでしょう。

自分が働けなくなった時に、安定した収入が入ること、これは何物にも代えがたい安心を得る方法なのです。

「土地なし、カネなし、知識なし」でもマンション投資は始められます

資産運用の必要性は感じている。ただ不動産投資は、ハードルが高いと考えている人も多いでしょう。

しかし、今マンション投資を始めているサラリーマンの多くは、「土地なし、カネなし、知識なし」の状態からスタートしている人も沢山いらっしゃいます。もちろん、資金や知識があった方が良いに決まっていますが、何も始めないことが今は一番のリスクかもしれません。

東京23区で始める中古のワンルームマンションは、頭金無しで諸費用金(50万~70万円)があれば、土地がないサラリーマンでも始めることができます。

始める前に調べることも重要ですが、始めないとわからないことも沢山あります。ただ多くの人は、マンション投資のリスクより、何もしないことの方がリスクだと考えて行動を起こして始めています。今後は、政府も会社もあなたの生活を100%を守ってくれるわけではありません。リスクを取らないと、生活が安定しない時代がやってくるのです。今の時代、何がリスクなのかを考えて、自分の将来設計を考えることが必要だと言えるでしょう。

安心はマンションマンションからの贈り物でした

コロナショックの期間、和不動産のオーナー様から得た口コミの多くは、「マンション投資をやっていて良かった」というものでした。私たちのパフォーマンスの評判が口コミを呼び、オーナー様からお知り合いの引き合いも増えました。

和不動産のオーナー様の4人に1人が、今現在、年間100万円以上の手取り家賃収入を得ています。コロナ関連の厳しい経済ニュースが報道されている中で、定期的に収入があることの意味を再確認したオーナー様が「マンション投資をやっていて良かった」という感想を持つのも不思議ではありません。

オーナー様が購入したのは東京都内の中古ワンルームマンションですが、中古ワンルームマンションがもたらしたのは、収入と安心でした。つまり、安心はワンルームマンションからの贈り物だったのです。

想像してみて下さい。働かなくても毎月収入が入る喜びを!

特別定額給付金(10万円一律給付)が、日本国民一人ひとりに給付されます。この金額をめぐっても、これじゃ生活できないと言う意見も多く聞かれます。

働けなくなって収入が無くなると、頼るのは年金です。この年金もサラリーマン世帯の平均は月額約20万円と言われています。果たして、この金額で生活できるのか。これは家計によっても異なると思いますが、今、現状の高齢者世帯でも、20万円以上の生活費がかかっているため、厳しいと言えるでしょう。

そんな時に毎月家賃収入が20万円入ってきたらどうでしょう。「いいな」と思った人も多いと思います。これがマンション投資のメリット。毎月入ってくる家賃収入をメリットと考え、年金対策の手段としてマンション投資を選んでいる人が増えています。

毎月入ってくる家賃収入は、自分がどれだけ必要かで、不動産投資の規模感を変えればいいのだと思います。今生活が安定しているのは、毎月入ってくる給料があるから。これがなくなった途端に生活が厳しくなる様子は皆様も報道で確認しているでしょう。

ですから、年金生活に入って収入が少なくなって困らないように、今のうちから年金対策をすることが求められる時代になってきたのです。

お金の心配は、お金を運用して吹き飛ばしましょう!

先ほども確認したように、日本人の名目賃金は下降傾向にあります。つまり、日本人の労働力の価値が低下していることを意味しています。これからは、今までと同様に給料がもらえる保証はありません。だから、労働収入以外の柱が求められているのです。

多くの人は、収入の柱として仕事を持っていますが、あなたの資産は今どんな仕事に就いているのでしょうか。現在無職だという人もいるのではないでしょうか。

今後は自分が働くことも大切ですが、資産にも働いてもらうことが求められています。資産が働いてくれるから、資産収入は入ってくるものです。お金の心配は、働いてカバーするのではなく、お金に働いてもらって心配を吹き飛ばすことが時代のトレンドになりつつあります。自分の資産を上手く働かせて、年金不安を払拭させましょう。

資産運用の意味を知れば、あなたの資産運用は一変します!

資産運用が上手くいかない理由は、資産運用のやり方を理解していないから。逆に、資産運用の意味を理解すれば、あなたの資産運用は一変します。

資産運用とは、所有している資産から収益を生むことです。株の配当や銀行預金の利子、不動産から入る家賃収入などがそれにあたります。わかりやすく言うと、あなたのポケットに収入を入れてくれるものを資産と呼びます。その資産を運用することが、資産運用なのです。

株や不動産を売買して得られる利益は、キャピタルゲインです。このキャピタルゲインを得るための投資を、金持ち父さんでは「取引」と呼び、資産運用とは違うカテゴリーに分けられています。

つまり、あなたが所有している資産が収益を生んでいるのか、そこが資産運用では非常に重要なポイントなのです。この資産から入ってくる収入が、年金不足の足しになるレベルまで増やすことが年金対策で必要な資産運用と言えるでしょう。

資産運用でやらなければならないことは、意外とシンプルです。手取り収入の1割を投資の資金として貯める。その資金を使って資産を購入する。それだけです。より多くを求めている人は、手取り収入の1割ではなく、2割・3割と貯めればいいでしょう。

逆に、あまり資産運用で上手くいっていない人は、「軍資金が少ないか」もしくは「資産と呼べるものを購入していない」かのどちらかでしょう。この方法は、世界的ベストセラーで投資家から大評判の数々のマネー本に、共通して書かれている法則です。是非、参考にしてみて下さい。

老後破産を防ぐ方法!

資産運用のやり方は、理解できたと思います。では、老後破産はどのようにしたら防げるでしょうか。答えは、必要な生活費から年金支給額を引いた金額を資産収入で穴埋めすれば良いのです。

過去に和不動産がインターネットで実施したアンケートをご紹介しますので、どれぐらい用意すれば良いのかの目安にしていただければと思います。

このアンケートは、60歳を超える方にとったアンケートです。「年金の他にいくらぐらい収入があればゆとりのある生活ができますか?」といった質問。一番多い回答は10万から20万円。余裕をもって、年金+アルファの収入は、月々30万円ぐらい確保しておけば、老後破産に陥ることのない理想的な年金対策になるでしょう。結局、老後破産を回避する一番の方法は、安定収入を確保することなのです。

ちなみに、このアンケートではどのような資産運用を実施しているかも確認しました。このアンケートでは、預貯金で年金対策を実施していることが多くいることがわかります。現実の日本社会でも多分同じような結果になるのではないでしょうか。

ただ、預貯金は優れた年金対策とは言えません。なぜなら、預貯金で年金不安を解消できていないからです。資産運用が預貯金だけの人の心配事は、お金が使えないこと・貯金が減っていくこと・何歳まで生きるかわからないから計画が立てられないことです。

せっかく年金対策をするのであれば、安心できる資産運用を実施してった方が良いのではないでしょうか。

資産運用の定番は株と不動産です!

資産運用の定番はやはり株と不動産です。資産家と呼ばれる人は、株もしくは不動産を当たり前に所有しています。

人生は一度しかありません。そのため、年金対策は失敗できないのです。それであれば、資産運用は王道の方法を選ぶことが良いのではないでしょうか。

寝ている間も資産は収益を生んでくれます!

株や不動産のいいところは、自分がサラリーマンとして働いていても、寝ている間も、株やマンションが自分の代わりに働いてくれ、配当や家賃収入を得られることです。これを一般的に不労所得と呼び、この不労所得を得るために多くの人が資産運用に励んでいます。

寝ている間も資産は収益を生んでくれるわけですから、ありがたい存在です。このような資産収入を得ている人からの口コミや評判で、新たに資産運用を始める人が増えています。

資産を持つだけ

資産運用で成功するには、資産を増やし続けることです。資産をコントロールすることができれば、人生もコントロールできるはずです。実はこれは非常に重要なこと。

かの有名な1万円札の肖像画にもなった福沢諭吉は、「金に支配されるな」という言葉を残しています。お金はコントロールするのであって、お金にコントロールされないようにする。そうして、お金が独立の精神にとって、わずかな障害にもならないであってほしいと願っていたのです。

今回のコロナショックで、金銭的なトラブルで離婚に至ったり、あまりよろしくないニュースも報道されました。お金にコントロールされてしまうと、安心とはほど遠い人生になってしまう可能性があります。お金はコントロールすることで、初めて安心がもたらされるのです。そのためにも、上手に資産をコントロールすることが、求められています。

知られざる不動産投資家の真実

不動産投資家は早期リタイアを目指して、何千万円もの手取り家賃収入を得ている。そう考えの方も、多いのではないでしょうか。しかし、それは大きな間違いです。

2018年分の確定申告を国税庁が調べたところ、1000万円以上の家賃収入を得ている不動産投資家は、全体の13%です。

多くの不動産投資家は、300万円以下の家賃収入にとどまっていることがわかります。

サンプル数は少ないのですが、和不動産がポータルサイトの会員様に実施したアンケートでも、年間家賃収入500万円を超えてる不動産所有者は、約17%。ほとんどの人が、年間家賃収入500万円以下という結果になりました。

アンケートでは、多くの方が家賃収入があって良かったと答えており、家賃収入が老後破産回避の手段となり得ることを証明しています。

不動産投資で早期リタイアを目指す。そういった書籍も多いため、世間の風潮はそちらの方に流されがちです。ネット上でも、規模を拡大したり、早期リタイアを目指すことが推奨されている記事も多いため、そういった評判や口コミで、不動産投資とはそういうものだと考えている人も多いのでしょう。

しかし、それは勘違いかもしれません。和不動産のアンケートによりますと、リスクは高いが収益性を第一にした不動産投資より、収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資の方が、好まれていることがわかります。

世間の風潮は、早期リタイアを目指した不動産投資の評判や口コミで溢れていますが、必ずしもそれだけではないことも覚えておいて下さい。

老後破産を回避するためだけなら、10万円~20万円程度の家賃収入があれば十分でしょうし、ゆとりを求めるのなら30万円~40万円程度の金額でも十分です。国税庁の統計でも、約3分の2の人がその範囲に収まっています。不動産投資は、ハードルの高い自分には手が届かないものだと考えることはやめましょう。

マンション投資のことならお任せ下さい

和不動産のアンケートで、収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資の方が、好まれていることがわかりました。

不動産投資の中でも、リスクが低いのは都心で実施する中古のワンルームマンションです。和不動産は、中古ワンルームマンションの専門業者。中古ワンルームマンションのことなら、多くのノウハウがあります。

和不動産では、3ヵ月に1度の面談でオーナー様のマンション投資をデータベース化しています。そのため、マンション投資の良いところと悪いところを、客観的な数字でお伝えすることも可能です。

まずは、あなたの資産運用を診断しましょう!

和不動産では、N-RICOSというオリジナルのシステムで、オーナー様のマンション投資をデータベース化し、運用状況を可視化することによって、コンサルティングを進めております。

まずは、あなたの資産が収益を生んでいるのか、確認してみて下さい。多くの人は、資産から収益をほとんど生んでいないことに気づくでしょう。その現状を理解した上で、どうしたら良いのかを考えていけば良いのです。まずは、あなたの資産運用を診断しましょう。

そして、年金定期便で自分がいくら年金がもらえるかといった予測も、立てられます。資産運用で重要なことは、今の自分の立ち位置を知ること。まず、ここから始めましょう。

この取り組みが、目からうろこと言う評判を得ています。結局、自分の資産運用を理解していないことが、資産運用が上手くいかない一番の原因なのです。

マンション投資のススメ

老後破産を防ぐ目的であれば、マンション投資から入る収入で十分対応できます。和不動産のオーナー様の目的も、ほとんどが老後破産の回避のための年金対策です。

そういった年金対策を常に提案していますので、参考になる提案も私たちはできると考えています。なぜなら、もし参考にならないのであれば、おつき合いして下さるオーナー様が存在しないからです。

マンション投資は、老後破産回避の手段になり得る。そう考えているオーナー様が多いから、マンション投資を始めるオーナー様も増えているのです。

生活が安定している人の共通点

生活が安定している人の共通点は、安定した収入があること。これは、ほとんどの人が理解していることでしょう。しかし、安定収入を安定して確保していくことは、意外と難しいこと。だから、老後に多くの人が困っているのです。

老後に安定した収入を確保する方が良いと分かっているのに、それができないのは、手段がイメージできていないから。マンション投資から入ってくる家賃収入は、生活安定の役に立つはずです。実際、コロナショックで、収入とは不安定なものだと思った人も多いでしょう。そんな時にマンション投資のオーナー様から得た評判は、マンション投資をやっていて良かったという感想でした。老後破産回避の1つの方法として、検討してみて下さい。

和不動産が選ばれる理由は、マンション投資のトリセツを持っているから!

マンション投資が、老後破産回避のための方法として有効なのはご理解していただけたでしょう。しかし、2000万円のワンルームマンションに投資することに、躊躇する人もいらっしゃるのではないでしょうか。

投資の一番怖いところは、株やマンションを購入して、運用したいと考えていても、運用の取扱説明書がないからやり方がわからないところです。そのため和不動産では、オーナー様の運用をデータベース化して、取扱説明書を常に更新しています。3ヵ月に1度の面談で、「トリセツ」をお伝えしているので、オーナー様からは安心して運用できるという評判を頂いております。どのように運用すれば良いかがわかれば、ワンルームマンションも安心して購入できるでしょう。

マンション投資のテンプレートとは?

オーナー様の運用をデータベース化することによって、基本の運用スタイルはテンプレート化することが可能です。そのテンプレートに沿ってワンルームマンションを運用できれば、先輩オーナー様と同じような運用結果になるでしょう。

実際これがあるのとないのとでは、安心感に大きな差が生まれます。安心して運用することができるのか、そのことをしっかり確認してから運用していくことが重要でしょう。

定年までに安心材料を得たいあなたへ

残念ながら今の社会保障の状況では、年金対策を何もしなければ、明るい老後は待っていません。何もしないリスクとマンション投資のリスクとメリットを天秤にかけ、しっかり判断していくことが大切です。今まで考えることもなかったという方は、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。

実績は、オーナー様の事例を確認して下さい

私たちのマンション投資の実績は、データベース化されたオーナー様の実績から確認してみて下さい。その上で、こうなったら良いなと思えた方は、マンション投資を始めたら良いのです。これでは足りないと考えた方やリスクがありすぎると考えた方は、別の方法を選んでいただければと思います。

重要なのは、自分のことを自分が理解すること。今回このページを読んで頂いたのも、何かのご縁です。自分のことを確認する機会にしていただけたら幸いでございます。

関連記事

ページ上部へ戻る