3/6(金)国策を理解して購入エリアを絞る

荒川 治水

2019年秋に東日本を襲った台風19号。豪雨に見舞われた河川が氾濫したことによる洪水被害が広範囲で引き起こされました。
しかし、そんな中で、弊社が保有する物件は東京の城東・城北エリア中心ということもあり、
今回の台風の被害に遭うことなく無事でした。

海抜の低い城東地域「江東区」・「墨田区」・「台東区」等でも
水害リスクが高いと言われながらも全く被害がなく、
そして危ない、危ないと言われている「荒川」が氾濫とはなりませんでした。
偶然ではなく、これは必然で理由があるからなのです!

では、不幸にも氾濫した河川と氾濫しなかった河川、この差は何だったのでしょうか。
治水対策をきちんとなされているか、いないかの違いが被災の差に繋がったのです。
不動産投資をする上で、「天災」を避けるように、物件選びを行うことは大切です。
自分の思い込みで物件を選ぶのではなく国交省が取り組む公共事業を十分に理解するなど
確かな情報を得て物件選びを行いましょう。
その他の国交省の取り組みやエリア選びの重要性についても解説いたします。

こういう機会だからこそもう1度エリアについて考えてみませんか。

―――――――――――――――――――――――――――――

日時:2020年3月6日(金)19時00分~22時00分終了予定
1部/19時00分~21時00分 セミナー
2部/21時00分~22時00分 個別相談(※ご希望の方)
会場:株式会社和不動産7F セミナールーム
参加費:500円
運営会社:和不動産

―――――――――――――――――――――――――――――

セミナー情報バナー 無料個別相談バナー

関連記事

ページ上部へ戻る