老後貧乏に一直線な落とし穴に注意 ~50代からの生活をスリム化~

老後夫婦とお金

今回の記事は日経新聞よりご紹介させていただきます。

見栄っ張りは厳禁!収入に合わせた生活に

「定年前に住宅ローンを返済し、退職金も想定通り…」

しかし、老後貧乏に転落するケースがあります。

60歳での定年退職。老後貧乏を防ぐコツは、資産を取り崩す期間の短縮です。

「半分以下の年収の再雇用で、且つての部下の下で働くのはイヤだ…」

しかし、人生100年時代ではそれは通用しないのです。老後貧乏になりたいのですか。

大卒の定年退職者の平均2千万円以上にもなる退職金の使い方でも注意が必要です。

「ご褒美と勘違いする人が多い」ですが、退職金は老後資金の“虎の子”。無駄遣いは厳禁です。

また、投資経験の浅い人が、退職金で一気に投資をするのも自殺行為です。

証券や銀行などに対面式で相談に行くのも、鴨がネギを背負ってくるようなものなのです。

それこそ老後貧乏に一直線コースです。

退職金で投資をするなら、株式型投信を何回かに分けて購入し、一度に投資をしないようにしましょう。

消費好きの人が多い現在の50代、老後貧乏を防ぐには、生活スタイルのスリム化は定年前からの準備がとても大事です。

子供への結婚や住宅資金の援助は『子供全員に援助でき、自分達の老後資金が確保できるか』を考えましょう。

くれぐれも老後貧乏に陥らないようにお気を付け下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る