老後貧乏に一直線な落とし穴に注意 50代のスリム生活

老後夫婦とお金

見栄っ張りは厳禁!収入に合わせた生活に

「定年前に住宅ローンを返済し、退職金も想定通り…」しかし、老後貧乏に転落するケースがあります。
60歳での定年退職。「現役時代の年収の半分以下で再雇用。かつての部下の下で働くのはイヤだ…。」
人生100年時代ではそれは通用しないのです。老後貧乏になりたいですか?セカンドライフをギリギリで過ごしたくないのなら、見栄を張っていてはいけません!

退職金の使い方によっては、家計や老後の暮らしが逼迫

大卒の定年退職者の退職金は平均2千万円以上にもなります。その退職金の使い方でも注意が必要です。退職金を「ご褒美と勘違いする人が多い」ですが、退職金は老後資金の“虎の子”。無駄遣いは厳禁です。
また、投資経験の浅い人が、退職金で一気に投資をするのも自殺行為です。証券や銀行などに対面式で相談に行くのも、鴨がネギを背負ってくるようなものなのです。それこそ老後貧乏に一直線コースです。
退職金で投資をするなら、計画的に。株式型投信を何回かに分けて購入し、一度に投資をしないようにしましょう。消費好きの人が多い現在の50代、老後貧乏を防ぐには、生活スタイルのスリム化は定年前からの準備がとても大事です。子どもへの結婚資金や住宅資金の援助は『子ども全員に援助でき、自分達の老後資金が確保できるか』を考え、くれぐれも老後貧乏に陥らないように気を付けましょう。

老後貧乏に陥らないため、貯蓄や節約よりも重要なこと

老後を安心して過ごすため、お金持ちになるためにはどうしたらよいのか?
まず「お金持ち」とは、資源のうちの「カネ」の部分をたくさん持っている人のことです。「カネ」が無くても、資源を活用すればお金持ちに近づくこともできます。お金持ちになろうとするのではなく資源持ちになることを目指せば、自然とお金持ちになれるのではないでしょうか。

きっと、この国に住む大半の方は、将来のためにコツコツ貯金を積み立てているのではないかと思いますが、お金を貯めるだけでは豊かにはなりません。
例えば、昔から「お金は大切にしなさい」と教えられてきた方は、どうしても「いざというときの為に貯金をしておかなければ」という考えになってしまいます。確かに、いざというときに持ち出せるお金が無いと困ってしまうのも事実です。
しかし、お金は「使う」ことではじめて「増える」のです。
今の日本は、全国民の貯金額を足すとおよそ700兆円にもなると言われています。この先も国民がお金を使わずに貯蓄額が増えると、貯蓄税の導入があるかもしれません。もしそれが実現され、税金が取られてしまっては、いったい何のために貯金をしていたのかと後悔するはずです。
今こそ、自分の考えや、当たり前のように貯金をする習慣を見直すべきではないでしょうか?お金は「大切に持っておく」のでなく、よく考え、お金を増やすため、「大切に使う」のです。

正しいお金の使い方を知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

現代社会における老後貧乏対策で老後の赤字家計を回避

生命保険文化センターが発表した「平成25年度生活保障に関する調査(速報版)/老後を夫婦2人で暮らしていく上で必要と考える費用の調査」の結果、夫婦で公的年金を受給してもなお、夫婦の生活費は総額3,000万円も不足することが判明しました。
老後貰える国民年金額だけでは、老後貧乏を避けられません。
今、老後貧乏対策として選ばれているもののひとつに、不動産投資があります。不動産投資では毎月家賃収入が得られるため、老後貧乏対策として最適といえます。
しかし、長期的に見て”需要がなくならない物件”を選ぶことが重要です。ここでも、お金を「大切に使う」ことが重要になってきます。たとえば、数十年後にも人気のあるエリアなのか、築年数が経過しても需要はあるのか等、物件の特徴をしっかり理解し、きちんと納得してから購入を決めましょう。投資用物件を購入しても、入居者が付かなければ家賃収入は得られませんから、「この先も需要が無くならない物件であるかどうか」に目を向けていなければ、赤字家計を回避するどころか老後にローンだけが残ってしまい、赤字に拍車がかかってしまう可能性も大いにありますので十分注意しましょう。

和不動産のセミナーで、老後を豊かに過ごす方法を知る

当社では、不動産投資に関するセミナーを年間150回以上開催!
ワンルームマンション投資のメリットや、お金の使い方を学ぶセミナーなど、老後を豊かにするために役立つ内容を惜しみなく発信しています。
その他にも、マインドを高めるセミナーや、歴史から不動産投資を学ぶセミナーなど、さまざまな内容を取り扱っています。
老後貧乏を防ぐ第1歩として、ぜひ1度セミナーにご参加ください!

関連記事

ページ上部へ戻る