見栄っ張りは危険!?老後貧乏にならないための節約生活を

老後夫婦とお金

見栄っ張りは厳禁!収入に合わせた生活に

「定年前に住宅ローンを返済し、退職金も想定通り…」そう思っている人も、老後貧乏生活に転落するケースがあります。
60歳での定年退職。「現役時代の年収の半分以下で再雇用。かつての部下の下で働くのはイヤだ…。」
人生100年時代ではそれは通用しないのです。お金持ちになる人と老後貧乏になる人との違いとは?セカンドライフを貧乏に過ごしたくないのなら、見栄っ張りではいけません!

退職金の使い方によっては、家計や老後の暮らしが逼迫

大卒の定年退職者の退職金は平均2千万円以上にもなります。確かに大きな金額ではありますが、使い方には注意が必要です。退職金を「ご褒美」と勘違いする人が多いですが、退職金はいわば老後資金の“虎の子”。無駄遣いは貧乏まっしぐらです。見栄っ張りをしてお金を使ってしまうと老後の生活を送るのが困難になります。人生100年時代の中、資金を効率的に使わなければ老後破産になりかねません。そのため見栄っ張りで、老後に散財してしまわないようする必要があります。決して「自分はお金持ちになった」と勘違いしてはいけないということです。

また、投資経験の浅い人が、見栄っ張りをして退職金で一気に投資をするのも罠です。証券会社や銀行などに対面式で相談に行くのも、鴨がネギを背負ってくるようなもの。それこそ見栄っ張りで、老後貧乏に一直線コースとなってしまうのです。

退職金で投資をするなら、計画的に。株式型投信を何回かに分けて購入し、一度に投資をしないようにしましょう。消費好きの人が多い世代である現在の50代、老後貧乏を防ぐには、見栄っ張りぜずに生活スタイルのスリム化をして定年前からの行動がとても大事です。子どもへの結婚資金や住宅資金の援助は『子ども全員に援助でき、自分達の老後生活資金が確保できるか』を考え、くれぐれも老後貧乏に陥らないように気を付けましょう。その他にも老後に予期せぬ事態が起こる可能性があります。その時のことも考慮して計画を立てる必要があります。見栄っ張りの人が貧乏人になってしまうのは、このような計画を立てられないことが原因として考えられるのではないでしょうか?

老後貧乏に陥らないために重要なこと

老後の生活を安心して過ごすため、お金持ちになるためにはどうしたらよいのか?
まず「お金持ち」とは、資源のうちの「カネ」の部分をたくさん持っている人のことです。「カネ」が無くても、資源を活用すればお金持ちに近づくこともできます。お金持ちになろうとするのではなく資源持ちになることを目指せば、自然とお金持ちになれるのではないでしょうか。

きっと、わが国に住む大半の方は、将来の生活のために給与からコツコツ貯金を積み立てているのではないかと思いますが、お金を貯めるだけでは豊かにはなりません。例えば、昔から「お金は大切にしなさい」と教えられてきた方は、どうしても「いざというときの為に貯金をしておかなければ」という考えになってしまいます。確かに病気や介護など、本当にお金が必要なときに持ち出せ無いと困ってしまうのも事実です。

しかし、お金は「使う」ことではじめて「増える」のです。今の日本は、全国民の貯金額を足すとおよそ700兆円にもなると言われています。この先も国民がお金を使わずに貯蓄額が増えると、貯蓄税の導入があるかもしれません。もしそれが実現され、税金が取られてしまってはお金持ちを目指すどころではなく、いったい何のために貯金をしていたのかと後悔するはずです。

今こそ、自分の考えや、当たり前のように貯金をする習慣を見直すべきではないでしょうか?お金持ちは、大切に「持っておく」ということでなく、お金を増やすためによく考え、大切に「使う」のです。言い換えれば、お金を使っているから貧乏になる、というのは大きな間違いということです。

正しいお金の使い方を知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

現代社会における老後貧乏対策で赤字家計を回避

生命保険文化センターが発表した「平成25年度生活保障に関する調査(速報版)/老後を夫婦2人で暮らしていく上で必要と考える費用の調査」の結果、夫婦で公的年金を受給してもなお、夫婦の生活費は総額3,000万円も不足することが判明しました。老後貰える国民年金受給額だけでは、老後貧乏を避けられません。今、老後貧乏対策として選ばれているもののひとつに、不動産投資があります。不動産投資では毎月家賃収入が得られるため、老後貧乏対策として最適といえます。

しかし、何も考えずに物件を手に入れるのではなく、長期的に見て”需要がなくならない物件”を選ぶことが重要です。ここでも、お金を「大切に使う」ことが老後貧乏にならないために重要になってきます。たとえば、数十年後にも人気のあるエリアなのか、築年数が経過しても需要はあるのか等、物件の特徴をしっかり理解し、きちんと納得してから購入を決めましょう。投資用物件を購入しても、入居者が付かなければ家賃収入は得られませんから、「この先も需要が無くならない物件であるかどうか」に目を向けていなければ、赤字家計を回避するどころか老後にローンだけが残ってしまい、赤字に拍車がかかってしまう可能性も大いにありますので十分注意しましょう。

プロに相談!株式会社和不動産の無料個別相談会

和不動産では、無料個別相談を行っています。
「今の所得と貯金では今後の人生が不安…。」
「副業としてマンション投資を始めたいが、融資を受けるのが不安」
「税金対策がしたいけど、手続きが大変そうだし個人で運用していくのは大変そう」

等、お悩みの方はぜひご相談ください。

和不動産には、マンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS」があります。N-RICOSでは、実際にマンション投資で成功しているオーナー様の運用実績を見る事ができ、どんな物件を買ったオーナー様が成功しているのか一目で分かります。

また、和不動産は一般的な不動産仲介会社とは違い、売却して終わりではありません。3ヶ月に1度、N-RICOSを使用したコンサルティングを行い、オーナー様がマンション投資で成功できるようサポートしています。

無料個別相談では、初回に物件のご提案は致しません。まずは、「お客様に最適なマンション投資プラン」をご提案させていただきます。個別相談をすると、しつこく営業されそうなイメージがあるという方もいらっしゃると思いますが、最終的にご納得いただかないで契約することは、弊社にとってもマイナスです。双方、しっかりと納得しての末永いお付き合いをさせていただきたいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。

大人気!和不動産のマンション投資セミナー

中古ワンルームマンションを投資用物件として選ぶことで避けられるリスクは、和不動産のマンション投資セミナーで詳しく解説しています。不動産投資家として日々の勉強も大切です。

和不動産がおすすめする東京都内23区の築浅中古ワンルームマンション投資は、都心に勤める社会人のニーズが高く需要が無くならないこと、ワンルームマンション規制により供給が限られ競合が少ないことなど、さまざまな好条件が重なっていることからも、成功しやすい不動産投資と言えます。そんな、都心築浅中古ワンルームマンションのメリットをまとめて知ることが出来るのが、和不動産のセミナーです。

もちろん、投資にはリスクがあります。利回りだけを見たり、税金対策だけのことを考えて不動産投資を始めると失敗するリスクも大きいです。失敗しない為にも、和不動産のマンション投資セミナーで知識を身につけてみませんか?

その他にも、最新の不動産市場について(相場、人気のエリアなど)や、不動産投資の基礎的内容はもちろん、マインドを高めるためのセミナーや、和不動産独自開発の不動産投資疑似体験ゲームを使ったゲーム会などを開催し、ワンルームマンションの専門家の当社だからこそ分かることを惜しみなくシェアしています。セミナーは少人数制での開催となりますので、質問などもしやすい環境です!

自宅で受けられるネット配信の「オンラインセミナー」も多数開催中ですので、全国各地からセミナーを受講していただけます!ご都合に合わせてご参加ください。

和不動産公式LINEアカウントで限定情報をゲット!

和不動産LINE公式アカウントでは、お友だち限定で、ここでしか見られない物件情報やマンション投資に役立つお得な情報をお届けしています!さらに、初めてセミナーにご参加いただく方の参加費が無料になるクーポンも配信中!

ぜひご登録ください!

関連記事

ページ上部へ戻る