マンション経営に失敗しないためには立地が重要

東京オリンピック・パラリンピックで変わる都心の賃貸需要

マンション経営に失敗しないためには、なんといっても立地が重要です。それによって大幅にリスクを減らすことができるでしょう。

ご存じの通り、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。それに合わせて東京は、再開発ラッシュの真っ只中です。その再開発をスムーズにするために、様々な法令改正が行われています。そして、その法令改正が不動産投資市場に大きな影響を与えている中、特に賃貸需要に対しての影響は大きいです。不動産投資は、結局、賃貸需要が一番大事で、賃貸需要が伸びれば伸びるほど、リスクは大幅に軽減されます。

また、マンション経営は立地さえ間違えなければ、ほったらかしにしておいても大丈夫と言えるほど、手間ひまがかからない投資です。サラリーマンが行う資産運用において、一番の天敵は「手間」で、株・FXなどの投資は、チャートを気にしたり、売り買いの手間などが発生するため、サラリーマンを続けながら行うのは手間だというオーナーも多くいます。一方で、サラリーマンと不動産投資家のダブルワークで時間が足りなくなって困っているオーナーがいるのも事実です。時間があれば回避できる問題も時間が足りないが故に解決できない。それが一番大きな問題です。しかし、もともと手間がかからない物件であれば、「ほったらかし」にすることも可能です。

この章では、中古ワンルームマンションを都心に買うことが、いかに投資を成功させるだけのポテンシャルを秘めているか、例を挙げながら紹介していきます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る