カテゴリー:老後破産の現実

  • 年金手帳とお金

    老後資金2000万円問題とは?|今できることは何かを考察します!

    老後資金の準備について考えている人は多いでしょう。金銭的に問題のない老後を送るために、公的年金の受取額で本当に足りるのか、働かなくなってから生活費はどのくらいかかるのかについて考えてみてください。 この記事では、老…
  • 老後生活

    老後破産とは?原因と陥りやすいケースを知ってリスク対策を!

    老後破産とは、老後の生活資金が不足し、生活に行き詰まってしまうことです。老後に対しては金銭的な不安を持つ人も多いでしょう。この記事では、老後のリスクを把握しておきたい人に向けて、老後破産について詳しく説明します。老後破産…
  • 何とかなると思っていませんか?人生の各段階でかかる費用

    これからの不況をどう乗り切るか 生活に必要な最低額は変わりません 新型コロナウイルスによる経済的な不安が拡大しています。少し前までは飲食業界やイベント業界のみの問題だと考えている人が多い印象でしたが、今月緊急事態…
  • 【コロナ禍】今後の経過予想と不景気を乗り切る方法

    新型コロナウイルスが家計に及ぼす影響 新型コロナウイルス感染拡大の影響が家計にも出始めています。収入が減ったのは、テレビで報道されている飲食業界やイベント業界だけではありません。雇止めや休業を迫られるなどして収入がすで…
  • 疑惑の犬

    「ほったらかし」でなぜ貯まる?

    「貯まる人」と「貯まらない人」の違い 同期入社の同じ会社で、同じ期間働いている二人。年収も同じくらいなのに貯蓄額には大きな差が 二人にはお金に対して、どのような知識や行動の違いがあったのでしょうか。  …
  • 年金手帳、通帳、万円札

    68歳まで働かないと現在20歳が現状の年金額の水準をもらえない

    公的年金制度の財政検証結果公表 厚生労働省は先日、公的年金制度の財政検証結果を公表し、公的年金制度の改革が急務であることが見えてきました。 経済成長率が最も高いシナリオでも将来の給付水準は、今より16%下がり、 …
  • 年金手帳と老後夫婦

    最悪のシナリオの場合2052年には年金の積立金が枯渇

    年金、支え手拡大急ぐ 厚労省が27日公表した公的年金の財政検証では、少子高齢化で先細りする公的年金の未来像が改めて示されました。 日本経済がマイナス成長を続け、労働参加が進まないと2052年には国民年金(基礎年金…
  • 財布中身

    人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案って今さら?

    5月23日付の朝日新聞に「人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案 年代別に考えるべきこと」と題する記事が掲載された。 冒頭で、人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう…
  • 老後破産|長生きのリスク

    死ぬリスクより長生きするリスクの方が高い?

    平均寿命が延びた今、世帯主が早期に亡くなる早死にのリスクより、老後破産が叫ばれている現在では、長生きのリスクに対して対策を取ることの重要度が高まっています現役時代の主なリスクは、子どもが成人するまでの生活費と子どもの教育…
  • ゆとり団信

    今の生活に負担をかけなくてもマンション経営はできる

    生命保険の代わりになるというメリット 不動産投資の何に魅力を感じますかという質問を「現役世代に対して行った老後に関するアンケート」で実施したところ、「自己資金が少額である」「銀行に預けるよりもリターンが期待できる」「老…
ページ上部へ戻る