カテゴリー:老後破産に陥りやすい理由

  • 現役時代の生活水準にこだわれば老後破産に

    問題は収入と支出のバランス なぜ、老後破産に陥る人が増えたのか。その理由は、明確です。 もらえる年金が少なくなり、収入と支出のバランスが大きく崩れ、貯蓄を食い潰しているからになります。収入が支出を大きく上回れ…
  • 子ども世代の非正規労働も影響が

    一方、働いていない子どもの生活費まで負担することで、貯金が減少する高齢者もいます。最近では、ワーキングプアや引きこもりなどを理由に、成人以降も子どもを養わなければならない高齢者が増えてきているのが現状です。 また、…
  • 貯蓄1000万円、年金月額20万円だと老後破産する時代

    貯蓄が1000万円あっても老後破産する!? 老後破産になりやすい人には、意外な特徴があります。定年退職時に1000万円以上の貯蓄があり老後の備えが十分であると思われた人に多い傾向があります。かつて、そこそこの企業で…
  • 16人に1人が老後破産状態

    老後破産という言葉が有名になったのは、2014年9月28日に放送されたNHKスペシャル『老人漂流社会〝老後破産〟の現実』という番組がきっかけです。そこでは、生活保護水準以下の収入しかないにもかかわらず、保護を受けていない…
  • 年金があっても老後の生活費は3000万円も不足する?

    ▼老後の生活費は3000万円も不足する? 60歳が定年退職という会社がまだまだ多い中、60歳以降にどんな生活を送ろうと考えていますか。ほとんどの人が「60歳になったら、仕事は程々にして悠々自適に暮らしたい」と考えて…
ページ上部へ戻る