カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 年金

    年金繰り上げ 注意点多く

    老後の最大の支えである公的年金は65歳からの受給が原則。しかし、受給開始を最大60歳へ繰り上げることも最大70歳へ繰り下げることもできる。現状では繰り下げより繰り上げを選ぶ人の方が多い。繰り上げは早くもらえるが、一生金額…
  • 老後破産対策で老後を満喫する

    超高齢化社会への序章始まる

    「敬老の日」を前に総務省が16日に発表した推計人口(15日時点)によると、70歳以上の人口は前年比で100万人増の2618万人だった。総人口に占める割合は20.7%と初めて2割を超えた。65歳以上の高齢者も44万人増の3…
  • 年金 夫婦 老後

    遺族年金が暮らしの支えに-会社員の妻の保障は終身-

    本日は、8月11日の日経新聞から遺族年金についての記事を紹介いたします。 よく耳にする人生100年時代。夫婦の将来の生活を考えるなら、どちらか一方が先立った後の暮らしも頭に入れておきたいですよね。経済的な支えになる…
  • 老人 お金 老後

    老後貧乏に一直線な落とし穴に注意 ~50代からの生活をスリム化~

    今回の記事は日経新聞よりご紹介させていただきます。 見栄っ張りは厳禁!収入に合わせた生活に 「定年前に住宅ローンを返済し、退職金も想定通り…」 しかし、老後貧乏に転落するケースがあります。 60歳…
  • 通帳 お金

    2019年から“休眠預金”になり没収!?10年放置したあの銀行口座は…

    ▼自分の口座なのに引き出しも残高照会もできない!なぜ!? 書類整理をしていると、しばらく使っていない通帳が…。 1999年1月5日付けで残高5701円。翌日ATMに向かい、19年経っているのですんなり下ろせるのか…
  • 従業員の将来にわたる資産形成をサポートし、働きがい向上を

    従業員の将来にわたる資産形成をサポートし、働きがい向上を

    2018年7月17日の日本経済新聞に資産形成応援プロジェクト2018という企画が掲載されていたので、ご紹介させていただきます。 今回は「企業経営者、人事・福利厚生担当者必見リポート」と銘打たれて、従業員への資産形成…
  • 「定年後も働きたい:8割」「働きたいが働けない状況:2割」

    2018年7月17日の日本経済新聞に定年後の労働意欲に関する記事が掲載されていたので紹介します。 定年退職が見えてきたもしくは意識する年代のサラリーマンは、どう考えているのでしょうか?老後破産という問題について意識…
  • リバースモーゲージ

    老後破産回避の切り札リバースモーゲージに壁

    2018年7月14日の日本経済新聞にリバースモーゲージの記事が掲載されていたので、ご紹介させていただきます。 老後破産の対策として有効な方法の一つと言われているこの「リバースモーゲージ」ですが、実情はどうなっているのか…
  • 人口増加

    首都圏人口動態 外国人1都3県7.9%増 日本人人口は23区、都心部周辺が上位 

    2018年7月12日の日本経済新聞に首都圏の人口動態の記事が掲載されていたのでご紹介します。 老後破産を回避するためのマンション経営において、入居需要は非常に重要なポイントとなります。 総務省が7月11日に発表し…
  • 株式投資

    東証上場企業、10月までに売買全て100株単位に?!

    2018年7月5日の日本経済新聞に株取引に関する記事が掲載されていたので、紹介させて頂きます。 東京証券取引所に上場するすべての株式が10月1日までに100株単位で取引されるようになるといいます。以前は売買単位が100…
ページ上部へ戻る