カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 老後破産 家計の見直し

    家計は日本経済の縮図 守り固める現預金

    もうすぐ平成が終わろうとしています。 バブル崩壊とその後の資産デフレ、少子高齢化の進行など、経済・社会情勢の激変に直面した30年間、家計はどのように遷移してきたのか。データを基に振り返りました。 内閣府の「国民経…
  • 老親の家計管理の助け方

    「最近、物忘れが激しくなってきたので認知症の検査を受けさせたい」。 親世代が高齢になって書類を見たり、手続きに行ったりするのがおっくうになると、子どもが老親の健康を気にかけたり家計管理の手助けをしたりする必要がでてきま…
  • 日本の玄関口へ 山手線新駅「高輪ゲートウェイ」に外国人住宅も整備

    12月6日の日経新聞に掲載されていた、新駅「高輪ゲートウェイ」エリアの開発に関する記事をご紹介します。 JR山手線の品川―田町間の新駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決まりました。 羽田空港とつながり、2027年に…
  • 年金繰り下げ受給 手取り額の具体的な変化

    定年後、公的年金をもらい始める時期を遅らせて金額を増やす「繰り下げ受給」。 具体的には、1カ月遅らせるごとに受給額は0.7%増えていきます。年金から税金や社会保険料を差し引いた手取り額に換算するとどれくらい増えるの…
  • 単身高齢者、三大都市圏で1割超え

    11月26日の日経新聞に掲載されていた記事を基に、老後破産がいかに身近になっているかを検証していきたいと思います。 高齢化が進んでいる地域は、どんどん過疎化が進んでしまいます。都心のワンルームのニーズは、今後は単身の高…
  • 銀行の「休眠預金」、郵政民営化前の「睡眠貯金」失う前に確認を

    10年以上放置された預金「休眠預金」を社会事業に生かす「休眠預金制度」が2019年1月から始まります。 金融機関に申請すれば払い戻せる仕組みですが、引っ越しや転職で把握が難しい場合もあり、本人の確認が大切になります。滞…
  • アパート融資

    地銀のアパート融資 不動産業者と相互依存の強さ浮き彫り

    11月21日の日経新聞に、日経新聞が地銀に対して行ったアパート融資に関するアンケート結果の記事がございましたので、ご紹介いたします。 日本経済新聞が地方銀行に実施した調査で、地銀が行っている投資用不動産向け融資・通…
  • 老後破産 年金支給額

    『マクロ経済スライド』発動 年金抑制の課題とは

    11月22日の日経新聞に、年金抑制策「マクロ経済スライド」に関する記事が掲載されていたので、ご紹介いたします。 厚生年金など公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」が2019年度に発動される見通しです。 …
  • 思っている以上にあなたは長生きする

    11月24日の東洋経済より平均寿命が延びていることについてご紹介します。 「人生100年時代」という言葉を知ってますでしょうか。 今世紀に生まれた子供たちの寿命が100歳を超える時代になりました。 1980年前…
  • 老後破産 外貨保険

    外貨保険の中途解約リスク

    11月10日の日経新聞に掲載されていた、外貨建て保険についてご紹介します。 退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えています。 米ドル、豪ドルといった外貨で保険料を一時払いする商品の市場…
ページ上部へ戻る