カテゴリー:マイナス金利を味方につけ、効果的に活用

  • 金利が安いのと物件価格が安いのとではどっちが得?

    価格の上昇よりマイナス金利のメリットの方が大きい 「2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で、不動産価格は上がっているので、今は買い時でない」と言う人も多くいますが、私の考えは違います。 「物件価格…
  • 頭金を効果的に運用しよう

    頭金によって購入プランは変わる 「レバレッジ効果を最大限に発揮するために頭金はいくら必要か」といった質問をよく受けますが、結論は、人によって異なります。それは融資を受けられる条件が個人によって異なるからです。 …
  • レバレッジ効果が活きる条件とは?

    レバレッジが効かない3つの条件 レバレッジ効果を効果的に利用すれば、不動産投資の収益性は上がります。しかしながら、すべての物件にレバレッジを効かせられるわけではありません。「融資を活用しレバレッジ効果を効かせて投資…
  • 表面利回りの概念を打ち破る「イールドギャップ」と 「レバレッジ効果」

    利回りと借り入れ金利の差がイールドギャップ Jリートが3%後半の利回りで収益を出せる秘訣は、低金利で融資を受けられる環境があるからです。今の運用利回りでも、10年物国債の利回りが低いことによって収益を出すことができ…
  • 機関投資家の運用に学ぶ

    東証REITの保有物件は東京23区が6割 では、どのような物件なら低金利で融資を受けて運用しても良いのか。その答えは、本当の不動産投資のプロの真似をすることです。 日本の不動産投資市場において多額の運用をしているのは…
  • マイナス金利下、融資を受けやすい3つの物件とは?

    金融機関は、マイナス金利下で、不動産投資に対する融資も積極的に行っています。しかし、金融機関がすべての物件に対して積極的に融資を行っているかというと、そういうわけではありません。 金融機関が低金利で積極的に融資を行…
  • マイナス金利の今こそ絶好の借り時

    2016年2月から始まったマイナス金利 日銀は2016年1月29日、マイナス金利政策の導入を決めました。2016年2月16日から、民間の銀行が日銀に預けている資金(当座預金)の一部に、日銀が利息を払うのではなく、逆…
ページ上部へ戻る