カテゴリー:マイナス金利を味方につけ、効果的に活用

  • 金利が安いのと物件価格が安いのとではどっちが得?

    ▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼ 価格の上昇よりマイナス金利のメリットの方が大きい 「2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を目前に、不動産市場は盛り上がり不動産価格は上がってい…
  • 不動産と電卓

    頭金を効果的に運用しよう

    頭金によって購入プランは変わる 「レバレッジ効果を最大限に発揮するために頭金はいくら必要か」といった質問をよく受けますが、結論は、人によって異なります。それは融資を受けられる条件が個人によって異なるからです。 ど…
  • 老後破産|条件

    融資時の金利!レバレッジ効果が活きる条件とは?

    レバレッジが効かない3つの条件 レバレッジ効果を効果的に利用すれば、不動産投資用物件の収益性は上昇します。しかしながら、すべての物件にレバレッジを効かせられるわけではありません。「融資を活用しレバレッジ効果を効かせて投…
  • 資産形成レバレッジ

    不動産投資、イールドギャップ+レバレッジ効果が成功の鍵

    ▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼ 今回のコラムでは、不動産投資の『イールドギャップ』という考え方についてご説明いたします。 利回りと借り入れ金利の差がイールドギャップ Jリートが3%後半の利…
  • 東京発信

    機関投資家の運用に学ぶ

    東証REITの保有物件は東京23区が6割   では、どのような物件なら低金利で融資を受けて運用しても良いのか。その答えは、本当の不動産投資のプロの真似をすることです。 日本の不動産投資市場において多額の運用をし…
  • 握手

    マイナス金利下、融資を受けやすい3つの物件とは?

    日銀(日本銀行)の黒田総裁のマイナス金利政策により、 金融機関は、マイナス金利下で、企業や個人へ投資需要が増加し、不動産投資に対する融資も積極的に行っています。しかし、金融機関がすべての物件に対して積極的に融資を行…
  • 老後破産|マイナス金利

    融資を使ってマイナス金利を味方につける。|ローン活用

    ▼和不動産の不動産投資セミナー▼ 2016年2月から始まったマイナス金利 2016年1月29日、日銀の金融政策方針ではマイナス金利政策の導入を決めました。2016年2月16日から、民間の銀行が日銀に預…
ページ上部へ戻る