カテゴリー:なぜ「都心築浅中古ワンルームマンション経営が最適なのか?

  • 新築の少ないエリアだから あえて中古ワンルームマンションを選ぶ

    2000~07年に作られたワンルームマンションが狙い目 ここまで述べてきたように、東京23区でワンルームマンションの建築が規制されていることが、逆に都心のワンルームマンションの希少性を高めているということです。その…
  • 需要はあるのに建築できないワンルームマンション

    東京23区独特のワンルームマンション規制 単身者が増えており、賃貸ニーズが高い都心のワンルームマンションは、東京都内で建築ラッシュになっているかというと、そういうわけではありません。なぜなら、ワンルームマンションの…
  • 晩婚化や未婚化でワンルームマンションの入居需要が増加

    晩婚化・未婚化は少子化社会において、大きな問題です。ワーキングプアと呼ばれる低賃金で働いている若者も多いことから、結婚に踏み切れないといった現状もあるのでしょう。さらに女性の社会進出が進むにつれ、男性に依存しなくても人生…
  • 大学の都心回帰で学生のニーズが増加

    今、東京23区の大学に通う大学生が増えています。これは、土地利用を制限する法律「天下の悪法」と呼ばれていた「工場等制限法」が2002年に廃止され、今まで制限されていた大学の建設が認められた影響です。この法令改正で、都心に…
  • ワンルームマンションに住むのは若年層だけではない

    近年、年寄りの交通事故は、大きな社会問題です。地方で暮らしている高齢者は、車がなければ生活できないのも容易に想像ができます。しかし、 健康の問題で車が運転できなければ、不便極まりない生活環境に陥ってしまうでしょう。 …
  • 外国人旅行者の増加でホテル代わりに

    皆さんご存じの通り、近年、外国人旅行者が非常に増えています。私の事務所の近くの秋葉原も外国人旅行者で溢れている状態です。外国人旅行者が爆発的に増えた影響で、ホテルクライシスとも呼ばれるホテル不足が問題になっています。この…
  • ワンルームマンションが長期ステイのホテル代わり

    近年、単身赴任が増加傾向です。今や企業に勤める人の30人に1人が、単身赴任だとも言われています。単身赴任が増えた背景には、転勤の際に起こる障害が増えたということです。その障害とは、①子どもを転校させなければならないこと②…
  • 日本で高度な教育を受けた外国人が増える

    アベノミクスで再開発された大型ビルには、どのような企業が入居するのでしょうか。 アジアの拠点を目指している政府は、再開発したビルに外資系企業を入居させようと考えています。そのため、外資系企業を誘致するためにも、世界…
  • 入居ニーズが多様化する東京

    人口が減っても単独世帯は減らない マンション経営の一番の天敵は、「空室」です。私たちが都心の築浅中古ワンルームマンションを勧めている理由は、空室リスクが他のエリアに比べて極めて少ないからになります。結局のところ、家…
  • 相続対策にもワンルームマンションが効果的

    タワーマンション節税は、やりすぎ? 次は、2015年1月1日より行われた相続税改正の影響です。これにより、都内で亡くなる人の約半数、首都圏で亡くなる人の約45%が相続税の対象者になると言われています。 今後も…
ページ上部へ戻る