過去の記事一覧

  • 35 歳サラリーマンが老後に通算家賃収入1億円を得る方法

    35歳のサラリーマンが59歳で年間家賃収入500万円達成 定年後もサラリーマンの平均年収( 約420万円)以上が安定して得られるのであれば、定年退職後も安心して暮らせます。そんな目標から逆算した投資計画を立てること…
  • 繰り上げ返済で 60 歳までにローンを完済

    期間短縮型か返済額軽減型か 物件を購入し60歳までに完済するには、繰り上げ返済が必要になります。 繰り上げ返済とは、ローンなどの債務者が毎月決められた返済額に加えて、ローンの一部を返済することです。繰り上げ返…
  • ローンを定年時に完済できる額に抑える

    定年後にリスクを抱えない 失敗しないために注意しなければならないポイントは、ローンを定年時に完済できる額に抑えることです。 60歳までにローンを完済できれば、それ以降は、もし空室になっても、ローンの支払いに困…
  • 目的に合わせた計画を練る

    年金の上乗せとして、いくらあれば無理なく生活できるか 老後破産に直面している高齢者は、「収入が著しく少ない」「貯蓄がない」「頼れる人がいない」という3つの「ない」が特徴です。そのため、給与所得や年金に頼らなくても、…
  • 金利が安いのと物件価格が安いのとではどっちが得?

    価格の上昇よりマイナス金利のメリットの方が大きい 「2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で、不動産価格は上がっているので、今は買い時でない」と言う人も多くいますが、私の考えは違います。 「物件価格…
  • 頭金を効果的に運用しよう

    頭金によって購入プランは変わる 「レバレッジ効果を最大限に発揮するために頭金はいくら必要か」といった質問をよく受けますが、結論は、人によって異なります。それは融資を受けられる条件が個人によって異なるからです。 …
  • レバレッジ効果が活きる条件とは?

    レバレッジが効かない3つの条件 レバレッジ効果を効果的に利用すれば、不動産投資の収益性は上がります。しかしながら、すべての物件にレバレッジを効かせられるわけではありません。「融資を活用しレバレッジ効果を効かせて投資…
  • 表面利回りの概念を打ち破る「イールドギャップ」と 「レバレッジ効果」

    利回りと借り入れ金利の差がイールドギャップ Jリートが3%後半の利回りで収益を出せる秘訣は、低金利で融資を受けられる環境があるからです。今の運用利回りでも、10年物国債の利回りが低いことによって収益を出すことができ…
  • 機関投資家の運用に学ぶ

    東証REITの保有物件は東京23区が6割 では、どのような物件なら低金利で融資を受けて運用しても良いのか。その答えは、本当の不動産投資のプロの真似をすることです。 日本の不動産投資市場において多額の運用をしているのは…
  • マイナス金利下、融資を受けやすい3つの物件とは?

    金融機関は、マイナス金利下で、不動産投資に対する融資も積極的に行っています。しかし、金融機関がすべての物件に対して積極的に融資を行っているかというと、そういうわけではありません。 金融機関が低金利で積極的に融資を行…

老後破産対策に関するセミナー情報

老後破産対策に関する無料個別相談

不動産投資 初心者

相続税対策の書籍のご案内

engage

マイベストジョブ

マドリームに紹介されました

信頼できる不動産投資特集

人事ブログ

マンション経営コンサルシステムN-RICOS特設サイト

和不動産youtubeチャンネル

和不動産公式サイト

老後破産を回避するために必要な事

定年後に年金だけをあてに暮らしていくことに少しでも不安を感じる方、現役時代の今だからこそできる都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策を始めませんか?

《老後破産の現実》

ページ上部へ戻る