老後不安は収入を得ることで解消

老人 お金 老後

今年も引き続き話題になりそうな「老後2000万円不足問題」ですが、実際に行動を起こした人はいったいどれだけいるのでしょうか。

金融広報中央委員会が公表した「家計の金融行動に関する世論調査」によると、金融資産の保有目的に「老後の生活資金」と答えたのは65.8%と最も多かったようです。

 

弊社がなぜ?貯蓄ではなく老後の安定収入を得る仕組み作りを推奨しているのか?以下の図をご覧ください。

 

これからの日本人は「長生きリスク」にも対応しなければなりません。老後を貯蓄だけで過ごすとなると、いつまで生きるか分からない、何が起こるか分からないという中でストレスを抱えながら生活しなければならなくなります。

ですが、不動産投資を行い、定年退職後にローンを完済した物件が手元にあれば、毎月安定した収入が入ってくるので安心して生活をすることができるのです。K様のおっしゃる通り、貯蓄する余裕があるなら、そのお金で新たなお金を生み出す仕組みを作った方が、長期保有すればするほどおトクになるのです。

 

実際に若いうちから不動産投資で資産形成をしている人はどのように始めたのか?どんな運用をしているのか?を、【無料個別相談】にて解説しております。

…とは言っても、大きな買い物ですので、不安なこと、疑問に思うことは多々あるかもしれません。

和不動産の「不動産投資セミナー」「無料個別相談」では、それぞれの資産状況を診断し、目標の設定から運用、物件の管理までを全て一気通貫でサポート致しております。

ささいなことでも何でも構いません!少しでも、気になる事がありましたらぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。皆様が豊かに、安心して老後を過ごせるように、徹底サポート致します!

 

無料個別相談受付中!

直接のご来社が難しい方は、自宅でできる「WEB面談」も受け付けております。お気軽にご相談くださいませ!

http://nagomi-fudousan.com/muryosoudan/

全セミナースケジュールはこちら

https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る