【さまざまな地図】を重ねれば、購入エリアは限られる!

どこのエリアで物件を購入すればいいのかお困りの方へ

地図を重ねて見えてくるものとは?
不動産投資を行う上において重要な要素としてエリアがあります。
エリアを見る際には入居者を確保できるエリアを選びましょう。

不動産には都市計画に基づいた「用途地域」というものがあります。
用途地域とは行政が「この土地は、指定した用途でのみ使ってください」
と指定した地域のことです。
「用途地域」を確認することによってある程度は、
何が建つ可能性があるのか知ることができるのです。

では、みなさんは地図上で【どこの地域】【どの用途地域】が多いのかわかりますか。
高い建物が建ちやすい、ある用途地域では開発が進んでいくのです。
開発が進むと人々が集まります。

また、ある用途地域の都心では
通勤利便性が高いところから世帯数が増えていて、人を収納する力が増えています。

様々な地図データを重ね合わせることで、
エリアを選ぶ際に重要なある特徴が浮かんできます。
一体どんな特徴が解ってくるのでしょうか?
セミナーにてご確認下さい。

10種類以上の地図・分布図を大分析!あなたが買うべき物件の立地教えます!

―――――――――――――――――――――――――――――

日時:12月7日(土)13時00分~16時00分終了予定
1部/13時00分~15時00分 セミナー
2部/15時00分~16時00分 個別相談(※ご希望の方)
会場:株式会社和不動産7F セミナールーム
参加費:500円
運営会社:和不動産

―――――――――――――――――――――――――――――

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る