あなたの老後の不安は「健康」それとも「お金」

老後の不安は人それぞれですが、多くの方が不安を抱えていることは
どのような事だと思いますか?

医療機器メーカーのオムロンヘルスケアーが40代~70代の男女6184人へ
人生100年時代のシニアの健康をテーマに
インターネットでアンケートをとったところ、老後の不安は
健康よりもお金を重要視していることが分かりました。

 

人生100年世代に意識する健康寿命は?

調査の結果から、健康に生活できる健康寿命は、女性よりも男性が多く見つもる傾向に
あることが分かりました。「何歳まで自分の足で立ち生活できるか」との質問に
「寿命まで」と答えた方の割合が40代~60代の方で男性が上回りました。
70代の方で見ると男性が「寿命まで」自分の足で立ち生活できると答えた方が54%で
女性が40%と14ポイントもの差が付く結果となりました。

 

老後に何の不安を抱えている?

老後に不安があるか尋ねた所、老後に不安があると答えた方は
全体の86%にも及びました。老後の何が不安か複数回答で尋ねると
1位は「お金」(52%)で、2位は「認知症」(45%)、
3位は「自分自身の介護」(40%)、4位「寝たきり」(33%)と
健康よりもお金に関する不安を抱えている方が多い結果となりました。
2位以降の項目を見てもどれもお金の不安も抱える問題となりました。

老後に不安がある方が具体的に取り組んでいる項目は?

老後に不安を抱えている方に具体的に取り組んでいる活動を複数回答で聞くと
1位「食生活」(37%)、2位「定期的な通院、健康診断」(36%)、
3位「日常的な運動」(34%)と健康日について取り組んでいることが分かりました。
お金に関する対策を行っている方は「貯蓄」(26%)、「財産運用」(13%)、
「何もしていない」(24%)という結果になりました。
医療機器が発達し、健康上にそこまで不安を抱えていない方が多く、老後はお金に不安を抱えて
いる方が多いのに、実際に取り組んでいる行動としては簡単に自分が出来る健康に関する取り組みで
お金に関する対策は中々していない方が多いという事が分かりました。
お金に関する事で不安を抱く方が多いのに、資産運用を後回しにしていることが分かりましたが、

 

老後に不安を抱えない為の資産運用 

今後も資産運用を後回しにして不安ばかり抱いて、簡単にできることばかりを優先して生活しても
余裕のあるセカンドライフを送ることはできないですよね。
資産運用を行ってみようと思い立っても、実際に何に手を付けていいか分からないと言う方もいらっしゃいますよね、
和不動産では、そんな資産投資初心者の方に寄り添ってサポートを行っていきます。
セカンドライフを豊かにするために、資産運用という手段もあります。
老後に不安を抱えたままにせずに早目に資産運用を実行しましょう。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る