マイナス金利の今こそ絶好の借り時

2016年2月から始まったマイナス金利

日銀は2016年1月29日、マイナス金利政策の導入を決めました。2016年2月16日から、民間の銀行が日銀に預けている資金(当座預金)の一部に、日銀が利息を払うのではなく、逆に日銀が0・1%の手数料を徴収するという内容です。

それによって、銀行の当座預金が減り、資金が貸し出しや投資に回り、景気を刺激する狙いがあります。

マイナス金利政策によって、金融機関は、貸出金利や国債の利回りが低下して収益が悪化します。個人は、預金金利が低下して利息収入が減少するというデメリットはありますが、一方で、住宅ローン金利が低下して家や投資物件を購入しやすくなるということがメリットです。

企業は、長期借り入れ金利が低下するため投資が促進され、政府は借金(国債)の利払いが減少することによるメリットがあります。

投資初心者でも1%台の低金利で融資を受けられる

マイナス金利の導入によって、個人向け国債や投資信託など多くの金融商品が運用難になっている中、注目を集めているのが不動産投資です。理由は明白で、金融機関は日銀にお金を預けておくことで利息を取られるわけですから、積極的に融資をしたいという心理が働きます。しかし、企業の業績自体が良くなっているわけではないので、融資したくても融資ができないという状況にあるため、担保の取れる不動産に融資をする方が安心だということで、積極的に融資を実施している状況です。

ただし、積極的に融資した結果ツケが回っているのも事実です。金融機関がいくら不動産投資に融資したくても、金融機関に不動産投資のノウハウがなく、安易に融資した物件に焦げつきが出始めています。

しかしながら、マイナス金利が始まる前から不動産投資に積極的に融資してきたノウハウのある金融機関の金利が低下しているのも事実で、これからマンション経営を始める初心者でも、1%台の低金利で融資を受けられるのも「今」だからこそです。

そこで、マイナス金利の追い風を活かしてマンション経営で成功するために、「どのような物件が低金利で融資を受けられる物件なのか」「失敗しないためにどのような融資の受け方をすれば良いのか」について説明していきます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る