ワンルームマンションに住むのは若年層だけではない

近年、年寄りの交通事故は、大きな社会問題です。地方で暮らしている高齢者は、車がなければ生活できないのも容易に想像ができます。しかし、 健康の問題で車が運転できなければ、不便極まりない生活環境に陥ってしまうでしょう。

そういった高齢者が、利便性を求めて都心に移り住むケースも増えています。歩ける範囲で病院に行けたり、買い物に行けるのは、生活環境が整っている首都圏ならではのメリットです。

ワンルームマンションに住むのは、何も若年層だけではありません。今や高齢者も生活利便性が高いところで一人暮らしする時代です。これだけ、メディアで報道されれば、徒歩で生活することを望む高齢者も増えることでしょう。是非、覚えておいてください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る