寄せられた相談からわかる不動産投資のポイント ◆都心中古ワンルーム編◆

年金対策には打って付け

私がお勧めしているのは、都心の築浅中古ワンルームマンションですが、当然メリットだけではなく、デメリットもあります。そこについて触れていきたいと思います。

都心築浅中古ワンルームマンションのデメリットは、ズバリ、ローンを組める総額が少ないことです。もし、不動産投資で年間家賃収入1000万を超えようと思っている人にとっては不向きかもしれません。しかしながら、老後破産を回避するための年金対策として毎月10万~30万円程度の収入を得ようと思っている人にとっては、リスクが少ないお勧めのやり方になります。

一般的に不動産投資を始めるに当たり、融資を受けて始める人がほとんどです。ほとんどの人が融資を受けるため、不動産投資の市場をリードしているのは銀行ということになり、「銀行がどのような物件に融資をするのか」「どのような目的の不動産投資に対して支援するのか」で不動産投資のやり方は大きく異なります。

早期リタイアを目指す人にとって、不動産投資は事業です。そのため、事業の健全性や成長性をプレゼンして銀行から融資を受ける必要があります。担保や資産背景がある人などは、多額の融資を受けることが可能です。しかし、ある意味このやり方は、不動産投資がどうというより、その個人の資質によるところが大きいため、これから始めるサラリーマンにとっては現実的なやり方とは言えません。

一方、サラリーマンが年金対策として行うマンション経営に対して融資する金融機関もあり、このような金融機関は、サラリーマンが安定して家賃収入を得ることに対して融資しているため、長期安定した失敗の少ない不動産投資に融資したがります。都心の築浅中古ワンルームマンションは、リスクも少ないため金融機関も1%台の低金利で融資してくれるのが現実です。しかしながら、目的が年金対策ということで融資の総額が抑えられてしまうデメリットもあります。これは、老後破産を回避するためにマンション経営を始める人には特に問題ではありませんが、不動産投資で早期リタイアを目指している人にとっ

ては好ましい状況ではありません。毎月100万円以上の家賃収入を求めている人には向いておりませんので、別の方法を選択することをお勧めいたします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る