片手間ではできない一棟物件のオーナー業

「収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資」と「リスクは高いが収益性を第一にした不動産投資」のどちらを目指すかは、オーナーの不動産投資家としてのレベル(スキル)と望む将来のイメージによっても変化します。

結論から申し上げますと、リスクを取って「早期リタイアを目指した不動産投資」を行おうと思っている人には、不動産業者並みの知識が必要です。さらに、トラブルに対していちいち業者に依頼していたら収益が上がらないので、不動産業者やリフォーム業者・銀行などの協力業者と直接やりとりを行うスキルも要求されます。

収益にこだわるということは、コストを徹底的にカットしなければなりません。そして、物件が抱えている問題を改善して収益を上げる必要があり、リフォーム業者との打ち合わせや銀行との交渉、コストカットの方法を学ぶため、土日などの休日は毎週セミナー参加の生活を送っていることが多いようです。ここまでくると、もはや会社を起業するぐらいの手間と労力がかかるため、ある程度時間を犠牲にする覚悟をしなければなりません。

そのため、一棟物件オーナーの負担は、半端なものではありません。サラリーマンを続けながらやっていくのは、正直難しいと思います。不動産投資のために早期リタイアしている人も当然いますが、これは不動産業者に転職すると考える方が適切な表現方法ではないでしょうか。それぐらいの努力と覚悟が要求されます。

実際、一棟マンションやアパートを所有しているオーナーの話では、管理物件の数が多くなるにつれて業者からの連絡がサラリーマンの仕事に支障が出るレベルで頻繁にあるそうです。そういったケースの場合、だいたい賃貸の解約や設備の故障などネガティブな知らせがほとんどとのことで、こういったトラブルを的確に対処する力が求められています。

 

ワンルームマンション経営ならサラリーマンをしながらでも対応可能

一方、都心の築浅中古ワンルームマンションは、退去も少なく、すぐに入居者が決まるため、安心して管理を任せられるうえ「便りが無いことはうまくいっている証拠」とオーナー様からもお褒めの言葉を頂きました。

このように所有している物件の種類で、手間も変わります。

老後破産は回避したいけれど、手間ひまがかかる不動産投資は、選択肢に入らないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、手間ひまをほとんどかけずに、できる不動産投資の方法もあります。それが、都心の築浅中古ワンルームマンション経営という方法です。都心のマンション経営は、「本当に手間がかからない」とオーナー様からよく言われます。なぜなら、東京都心で行うマンション経営は、空室になることも少ないため業者が介入する機会がほとんどなく、業者に任せていても大してコストはかかりません。したがって、サラリーマンを続けながらでもしっかり休日は謳歌できる投資になります。

今回のアンケートで「収益は少ないが失敗しないことを第一にした不動産投資」を望んでいる人が多いことがわかりました。そのため、本書では、サラリーマンを続けながら老後破産を回避する堅実な方法をご紹介したいと考えています。

実際に、不動産投資で早期リタイアを実現されている人もいますので、一棟マンションを活用した不動産投資について悪く言うつもりはありません。それは、それで良いことなのでしょう。

しかし、一定のレベルにない人がリスクのある不動産投資を行うことに関しては、警鐘を鳴らしたいと思います。自分の目的とレベルに合わせた方法で、しっかりとした不動産投資を始めなかったが故に、後悔している人が非常に多いからです。これは、不動産投資に限ったことではありません。目的を持って自分ができる範囲で運用を行うことが、資産運用を失敗させない一番の方法であると言えるのではないでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る