今の生活に負担をかけなくてもマンション経営はできる

生命保険の代わりになるというメリット

不動産投資の何に魅力を感じますかという質問を「現役世代に対して行った老後に関するアンケート」で実施したところ、「自己資金が少額である」「銀行に預けるよりもリターンが期待できる」「老後の収入として年金代わりになる」「節税になる」、といったメリットを感じている人が多いという結果が出ました。

このアンケートでは低かったようですが、私が注目したいのは、マンション経営が生命保険の代わりになるという点です。

マンション経営を始めるに当たり、銀行から融資を受けローンを組んだ場合、団体信用生命保険という保険に加入することになります。団体信用生命保険の費用はローンの金利に含まれており、別途取られることはありません(※金融機関によっては、別途に金利を上乗せするケースもあります)。つまり、この団体信用生命保険をうまく活用すれば、家賃収入を得ながら、万が一のことがあった場合に家族にローンなしのマンションを残すことができるようになります。通常、お金を払って生命保険に加入するのが普通ですが、マンション経営の仕組みを知っている人は収入を得ながら必要な保障を得ているのです。

保険に入りすぎている日本人

そもそも、日本人は生命保険に入りすぎという統計結果があります。生命保険は住宅に次ぐ「人生で二番目に高い買い物」とも呼ばれ、生命保険の支払いを見直すことで家計の負担は大きく減り、セカンドライフへの備えと資金をシフトすることが可能です。生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」(2012年度版)では、全世帯平均で年間に約42万円もの保険料の支払いをしているという結果があります。

50代前半では、年に約52万円も支払っていますし、70代でもなんと、年に約38万円も支払っているという

から驚きです。日本人が払う保険料の国内総生産に対する比率は2011年で8・8%となっており、先進7カ国中トップで、2位のアメリカの2倍以上の数字になっています。

仮に年間42万円の保険料を25年間支払うと1050万円もの金額です。

人生のリスクに対して、すべてを保険で賄っていたらお金がいくらあっても足りません。逆に、保険に入りすぎているからこそ生活が苦しくなっている人も多いのではないでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る