投資のゴールを決めれば失敗を防げる

必要な老後資金をゴールに設定

現役世代に対して行ったアンケートによると、「老後の生活費はいくらぐらい必要ですか?」という問いに対して、20~39万円程度あれば生活できると考える人がほとんどという結果になりました。少しゆとりを得たいという人も、毎月40~60万円程度の収入で足りるという回答です。

つまり、年金が20万円弱入ってくるのであれば、プラス10~20万円程度の収入が確保できれば老後も安心して暮らせるということになります。少しゆとりが欲しい人でも毎月40万円程度の収入があれば十分です。年金の上乗せ部分として安定した収入が入ってくる仕組みを作るには、マンション経営を始めるのが一番というのが、私の提案になります。

毎月安定した収入を得る仕組みは、預貯金や株・FXではできません。なぜなら、株やFXは売り買いしないと、収益を得られないからです。そのため、毎月安定した家賃収入を得るマンション経営こそサラリーマンが老後破産を回避するに当たり、最も適した手段と言えます。

月額10万円から20万円の安定した収入を得たいのであれば、2 5 0 0 万円から4500万円程度の金額で中古ワンルームマンションを運用すれば可能になります。毎月40 万円程度の収入を得るには都心の築浅中古ワンルームマンションを1億弱の金額で、運用する仕組みを作ればいいのです。

ここで大切なことは、投資のゴールを決めることになります。不動産投資で老後破産を回避するため、数億円もの運用をする必要はありません。多くても1億円前後の運用で、対応できます。

にもかかわらず、ゴールがわかってないが故に大きな金額を運用して後悔している人もいます。自分が将来どのくらいの老後資金を必要としているのかというゴールをしっかり決めてから、マンション経営を始めることは非常に大切なことです。ぜひ、必要以上に大きな資金を投資して不要なリスクを取ることなく、失敗しづらい安定したやり方を選んでください。

 

他人の力を利用して賢くマンション経営

逆に、いくら老後破産回避のためとはいえ、数千万円単位での資産運用を行うことに消極的になっている人も多いのではないでしょうか。しかし、定年後の人生は約30年、その間に使うお金は少ない人で数千万円、ある調査では1億円とも言われています。マンション経営を行うにも、少なからずリスクはありますが、先程から説明している通り何もしないのもリスクです。むしろ、今の時代、何もしない方が、リスクかもしれません。

私の意見としましては、将来にお金のことで苦しんでほしくないからこそ、今、お金のことを真剣に考えてほしい、そう考えています。なぜなら、将来の準備ができるのも、今しかないから。自分に合わなければ、やらなければいいだけの話です。ただ、一番良くないのは何も考えないことだと思います。

マンション経営は、銀行から融資を受けて始めるのがスタンダードなやり方です。借りる側もリスクがありますが、貸す側の銀行も当然リスクがあります。マンション経営のプラン自体がうまくいかないようであれば、銀行は当然融資してくれません。つまり、銀行があなたの投資プランをチェックし、問題ないと判断したから融資してくれるのです。そのうえローンは、部屋を借りている入居者の家賃を原資として返済します。

マンション経営は、あなたの資産形成を銀行がサポートし、入居者があなたの資産形成をお手伝いしてくれる他にはない特徴をもった投資です。こんな投資方法が他にあるでしょうか。資産運用は、自力でやるだけでなく、賢くやれば他人の力を利用できるということも覚えておいてください。

マイナス金利を賢く利用

老後破産を回避するために資産運用が必要だとわかりましたが、そもそも、その原資がないと考えている人も多いのではないでしょうか。私は、そういう人にこそマンション経営を勧めたいと思います。なぜなら、何もしなければ老後破産に陥る可能性を残してしまうからです。老後は大事だけど今の方が大事、今の生活に負担をかけられないから、投資はできないとお思いの人も少なくないでしょう。そんな人は、マンション経営の基本的な仕組みをご理解いただければ、不安も払拭されるはずです。

マンション経営の基本的な仕組みは、こうです。まず、頭金を入れてローンを組んでマンションを購入し、そのマンションを入居者に貸

すことによって得られる賃料でローンの支払いをします。

購入する物件が、東京都心の築浅中古ワンルームマンションであれば、毎月の家賃収入が毎月の支払い総額を上回り、差額分が毎月の収入になるという結果を得られます。物件を複数購入したり、頭金の割合を増やせば、購入後まもなく毎月数万~十数万円の収入を確保することも可能です(詳しくは次章以降で説明します)。

今はマイナス金利時代、時代背景が追い風となって10万円の頭金からローンを利用することも可能ですし、低金利で融資を受けることもできます。貯金してもマイナス金利の影響で利息が全くつかない今だからこそ、マイナス金利を良い方に利用して収入を得るのが賢いやり方なのではないでしょうか。

 

関連記事

ページ上部へ戻る