年金とワンルームマンションの家賃で現役並みの収入を確保

毎月10から20円の収入が得られる仕組みつくる

年金の足りない分を貯金で補填すれば減っていくのは当たり前です。たとえ使わずに貯めておいても、インフレによってどんどん目減りしていくという現実もあります。

言うまでもないことですが、リタイア後の高齢者の多くが現役時代と同じ生活ができなくなったのは、生活できるだけの収入が確保できなくなったからです。逆に言えば年金の不足分を毎月収入として確保できれば、問題なく生活できるということになります。

それでは、サラリーマンは毎月、年金の上乗せとして、いくらぐらいの金額が必要とされているのでしょうか。「60歳以上の生活に関するアンケート」の中で、「年金の他にいくらくらい収入があれば、ゆとりある生活ができますか?」という問いをしてみると、「10万~20万円未満」という回答が圧倒的に多く、年金とは別に10万円から20万円の収入があれば、安心して生活できると高齢者が感じていることがわかりました。

つまり、この金額を作るための仕組みを現役時代に確立し、老後に毎月10万円から20万円の収入が得られるようになれば老後破産を回避でき、豊かな人生を送れる可能性が高まることになります。

例えば、年金と家賃収入を合わせて毎月40万円入る仕組みを現役時代に作れば、毎月入ってくる

40万円の収入の範囲内で生活することが可能です。その収入の範囲で友人と遊んだり旅行に行ったりすることができれば、貯金に手を付けなくても生活できます。

 

アパート経営・マンション経営している人

私たちは、毎月入ってくる給与収入で生活することに、長年親しんできました。それが定年退職後は、サラリーマン時代の生活と一変し、毎月の年金だけでは生活ができなくなるため、生活が苦しくなるのです。定年後も現役時代と大差のない安定収入を得ることができれば、今までと大差のない生活が送れます。その方が、日本人の生活スタイルに合っており、みなさまが求めている生活に近づく

のではないでしょうか。

実際、「60歳以上の生活に関するアンケート」でも、資産運用の手段としてアパート経営・マンション経営を行っている人は、不動産所得があることに満足している人がほとんどです。

不動産から得られている収入も、「10~20万円未満」がトップで、続いて「30~40万円未満」、「20~30万円未満」と特別に多くないことも特徴として現れました。つまり、老後生活のために10~40万円の家賃収入が年金の上乗せとしてあれば、十分満足できるというのが多くの人の声です。

老後不安は安定した家賃収入で解消

老後不安は、毎月の生活費の不足分をカバーする収入があれば解消することが可能です。家賃収入は減る可能性もありますが、それでも将来にわたり安定した収入が見込めるのであれば、何歳まで生きるかわからないというリスクに対しての安心材料には十分なります。

生活費は人によって個人差はありますが、年金と家賃収入で生活を賄うだけではなく、あわよくば貯金までできれば本当に安心して暮らせる未来を手に入れることができるのではないでしょうか。

3つの「ない」うちのひとつ「収入が著しく少ない」を解決できれば、老後破産は概ね回避できます。老後の話と言えば暗い話題ばかりですが、しっかりとした解決策を作り上げれば、高齢者に厳しい現代でも、豊かな老後を送ることができるようになるでしょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る