カテゴリー:老後破産の現実

  • 死ぬリスクより長生きするリスクの方が高い?

    平均寿命が延びた今、世帯主が早期に亡くなる早死にのリスクより、老後破産が叫ばれている現在では、長生きのリスクに対して対策を取ることの重要度が高まっています現役時代の主なリスクは、子どもが成人するまでの生活費と子どもの教育…
  • 今の生活に負担をかけなくてもマンション経営はできる

    生命保険の代わりになるというメリット 不動産投資の何に魅力を感じますかという質問を「現役世代に対して行った老後に関するアンケート」で実施したところ、「自己資金が少額である」「銀行に預けるよりもリターンが期待できる」…
  • 和不動産 評判 口コミ

    投資のゴールを決めれば失敗を防げる

    必要な老後資金をゴールに設定 現役世代に対して行ったアンケートによると、「老後の生活費はいくらぐらい必要ですか?」という問いに対して、20~39万円程度あれば生活できると考える人がほとんどという結果になりました。少…
  • 失敗しない不動産投資を選ぼう

    安定した不動産投資こそ老後破産を回避する賢明な方法 とはいえ、不動産投資と言っても「新築OR中古」「ワンルームマンションORアパート」「都心OR地方」などといろいろな種類のやり方があります。 書店に行けば不動…
  • 年金とワンルームマンションの家賃で現役並みの収入を確保

    毎月10万円から20万円の収入が得られる仕組みをつくる 年金の足りない分を貯金で補填すれば減っていくのは当たり前です。たとえ使わずに貯めておいても、インフレによってどんどん目減りしていくという現実もあります。 …
  • もはや優れた資産運用先とは言えない預貯金

    せっかく貯めたお金が使えない 「60歳以上の生活に関するアンケート」の中で「現在、実施している資産運用は何ですか?」と聞いたところ、最も多かった答えは預貯金でした。預貯金の金利は、現在(平成28年6)0・0001%…
  • 暮らしに不安を感じている高齢者は全体の8割

    年間所得200万円台の世帯が一番多い 老後破産は高年収のサラリーマンにとっても、決して縁遠い言葉ではないということをご理解いただけたと思います。それでは実際に高齢者はどのような生活をしているのでしょうか? それを確…
  • 現役時代の生活水準にこだわれば老後破産に

    問題は収入と支出のバランス なぜ、老後破産に陥る人が増えたのか。その理由は、明確です。 もらえる年金が少なくなり、収入と支出のバランスが大きく崩れ、貯蓄を食い潰しているからになります。収入が支出を大きく上回れ…
  • 子ども世代の非正規労働も影響が

    一方、働いていない子どもの生活費まで負担することで、貯金が減少する高齢者もいます。最近では、ワーキングプアや引きこもりなどを理由に、成人以降も子どもを養わなければならない高齢者が増えてきているのが現状です。 また、…
  • 貯蓄1000万円、年金月額20万円だと老後破産する時代

    貯蓄が1000万円あっても老後破産する!? 老後破産になりやすい人には、意外な特徴があります。定年退職時に1000万円以上の貯蓄があり老後の備えが十分であると思われた人に多い傾向があります。かつて、そこそこの企業で…
ページ上部へ戻る