カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 人生100年時代備える資産形成に選択肢 長生き年金相次ぐ

    2月2日の日本経済新聞に長寿に関する記事が掲載されていたのでご紹介させて頂きます。 日本人の長寿化が進むなか、老後の資金不足に備える動きが広がってきています。金融機関は個人が生涯にわたり、お金を受け取れるようにする…
  • 【2016年度末】国の債務超過額、過去最大の548兆円へ

    1月31日の日経新聞に、国の債務超過に関する記事がございましたので、ご紹介いたします。   財務省は2018年1月30日、2016年度末時点での国の資産と負債の状況を表す貸借対照表を公表しました。 国の…
  • 2018年度 公的年金支給額据え置き決定

    1月26日の日経新聞夕刊に、2018年度公的年金支給額の据え置き決定との記事がありましたので、ご紹介いたします。 1月26日、厚生労働省は2018年度公的年金支給額を据え置くと発表しました。 …
  • 少子高齢化に伴うコンパクトシティー計画

    2018年1月23日の日経新聞にコンパクトシティーに関する記事がございましたので、ご紹介いたします。 国土交通省は人口減少にあわせた街づくりの推進として、各自治体が持つ住宅、交通機関、商業施設、福祉施設、子育て支援…
  • 銀行窓口販売の「外貨建て保険」で高齢者トラブル絶えず

    2018年1月20日の産経新聞に外貨建て保険のトラブルが掲載されていたのでご紹介します。 銀行窓口で販売する保険商品をめぐって、トラブルが絶えないといいます。特に、投資性の高い一時払い保険「外貨建て保険」に対し、高…
  • 首都圏の会社員 満員電車よりも通勤時間を重視

    満員電車よりも通勤時間を重視 家主と地主の2017.12月号に満員電車に対する意識調査の記事が掲載されていたのでご紹介します。 不動産ポータルサイト運営のアットホームは、首都圏在住で都内に電車通勤をしている会社員…
  • 市区の5割が「まち」集約でコンパクトシティ化へ 

    公共施設集約や交通網再編へ 2017年12月26日の日本経済新聞によると、全国の市区の約5割がコンパクトシティなどで居住地や都市機能の集約を計画・検討をしていることが、日本経済新聞の調査でわかったといいます。 人…
  • 外国人留学生が過去最多に

    2017年5月時点で前年同時期から11.6%の26.7万人 2017年12月28日の日本経済新聞 夕刊に外国人留学生の記事が掲載されていましたのでご紹介いたします。 日本学生支援機構は28日までに、国内の大学や日…
ページ上部へ戻る