カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • iPS細胞 正確に改変 ゲノム編集適用の新手法

    老後破産の原因の一つとして「長寿化」があります。 なぜなら、「人生100年時代」と言われている昨今、60歳の定年後にさらに40年の生活が待っているのです。年金はあてにできず、貯金で不足分を賄ってすり減らしていくとしたら…
  • 与信審査にAIを活用

    2018年3月3日の日本経済新聞に融資に関する記事が掲載されていましたのでご紹介します。 2017年9月、AI技術を活用した与信審査を行う個人向け無担保融資サービスが始まりました。みずほ銀行とソフトバンクが折半出資する…
  • 国民負担率 2年連続減少

    3月1日の日経新聞に国民負担率に関する記事がございましたので、ご紹介します。 2月23日、財務省は2018年度の国民所得に占める税と社会保障負担の割合を発表しました。 全体の負担率は42.5%で2017年度比0.…
  • 社会保険料の負担増、会社員に偏る

    2月25日の日経新聞に税制改正関連法案に関する記事がございましたので、詳細をご紹介いたします。 会社員の給与所得控除縮小などを柱とする2018年度税制改正関連法案の国会審議が始まりました。子育て世帯を除く高額所得者…
  • 女性労働力率7割超え M字カーブほぼ解消か

    2月23日の日経新聞には女性の就労問題についての記事がございましたので、ご紹介いたします。 出産や育児によって、主に30代の働く女性が減少する「M字カーブ現象」に解消の兆しが見えています。出産や育児中であっても働く…
  • ビットコイン 英中銀総裁 「通貨として失敗」

    2018年2月20日の日本経済新聞に仮想通貨の話題が掲載されていたのでご紹介します。 ロンドン中心部のリージェンツ大学で学生向けに行った講演での質疑応答時の発言として、ロイター通信が伝えたところによると、英中央銀行イン…
  • FX取引リスク減少へ規制強化

    2月13日の日経新聞にFXに関する記事がございましたので、ご紹介します。 金融庁は、2018年春に外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針です。 現行では個人投資家が預けたお金の25倍まで取引できる証拠金倍…
  • 「健康還付給付金型」医療保険 設定年齢で全額還付

    1月27日の日経新聞に、貯蓄性の高い保険についての記事がございましたので、ご紹介いたします。   決められた年齢までに入院や手術など保険金を受給することがなければ、それまでに支払った保険料が「健康還付給付金」…
  • 札束

    公金運用利回り、都内低金利響く

    日経新聞の2月10日(土)の朝刊にて「公金運用利回り横ばい」との記事が出ていたので紹介する。 東京都がまとめた2017年度第3四半期(10~12月期)の公金管理実績によると、 運用利回りは0.044%で第2四半期…
  • 今回の地震と日本の耐震基準

    産経新聞によると、台湾で起きた地震ですが、台湾の中央気象局によると、6日午後11時(日本時間7日午前零時)50分ごろ、東部・花蓮県沖約18キロを震源とする地震が発生、地震の規模はマグニチュード6・0、震源の深さは約10キ…
ページ上部へ戻る