カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 老後破産 年金支給額

    50歳以上の「ねんきん定期便」に繰り下げ受給による増額イメージ図が追加

    ねんきん定期便の読み方 デメリットには触れず(老後破産は防げるのか?) [caption id="attachment_2081" align="alignnone" width="300"] 年金手帳イメージ 老後破…
  • 親の介護

    主なライフイベントにかかる費用

    「人生100年時代」といわれていますが、その間に大きなイベントがたくさんあります。 大きなライフイベントを安心して迎えるためには資産形成が必要になってきますが、その主なイベントの金額、知っていますか?お金にかしこい…
  • 老後の生活資金2,000万円

    人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案って今さら?

    5月23日付の朝日新聞に「人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案 年代別に考えるべきこと」と題する記事が掲載された。 冒頭で、人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう…
  • iPS細胞イメージ

    iPS細胞の実用化に弾み

    他人のiPS細胞で病気の進行を防ぐのに「安全」と確認 理化学研究所などは、備蓄した他人のiPS細胞から育てた網膜の細胞を目の難病患者に移植する臨床研究の経過を発表し、5人に移植し1年たった段階での経過は良好で、安全だと…
  • 現金と年金

    賃上げの効果を4割近く圧縮した「隠れ増税・社会保険料」

    賃上げアップの影に隠れて会社員が負担する保険料が増加し続ける 賃上げの影で「隠れた増税」がすすんでいました。それは「社会保険料の負担」です。 これまで消費税8%から10%に税率を引き上げるのに、2度延期したのと比べれ…
  • タンス預金イメージ

    家計調査、消費よりも貯蓄優先の傾向

    総務省が2019年5月10日(土)に家計調査を発表した。 2018年度は、「黒字率」の割合が30%を超えたという。黒字率とは、収入を貯蓄に充てた割合を示すものだ。 働く女性が増えている事や、資産を保有する高齢者の増加…
  • 家計の「黒字率」30%超 自由に使えるお金、消費より貯蓄 昨年度、収入増でも備え優先

    家計で貯蓄にお金をまわす傾向が強まっているといいます。総務省が5/10日発表した家計調査によると、収入を消費でなく貯蓄などにあてた割合を示す「黒字率」が2018年度に30%を超えました。働く女性や高齢者の増加で家計収入は…
  • 社会保障 増税頼み脱却

    令和の日本は少子高齢化が一段と進むことが明白になっている。高齢者を支える現役世代の負担はどんどん重くなる。経済や社会の活力が損なわれかねないのだ。 今年は、消費税の税率が10%に引き上げられる。増税後の負担と給付のあり…
  • iPS細胞イメージ

    ガン10年生存率56.3%へ上昇

    国立がん研究センターなどの研究班は9日、2002年からの4年間でがんと診断された約7万人の10年生存率は56・3%だったと発表した。1年前の前回調査よりも0・8ポイント上昇。早期の大腸がん、乳がんなどの生存率は9割を超し…
  • 不動産売買3年ぶり減少へ 18年度 海外マネー停滞、価格高騰や物件不足で

    2018年度の取引額は3年ぶりに減少に転じる見通しだ。昨年度まで積極的な買い手だった海外勢の売買が減った影響が大きい。オフィスを中心に不動産市況は好調だが、新規供給が少ないなかで物件の価格が高止まりし、過熱感が意識されて…
ページ上部へ戻る