カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 単身高齢者、三大都市圏で1割超え

    11月26日の日経新聞に掲載されていた記事を基に、老後破産がいかに身近になっているかを検証していきたいと思います。 高齢化が進んでいる地域は、どんどん過疎化が進んでしまいます。都心のワンルームのニーズは、今後は単身の高…
  • 銀行の「休眠預金」、郵政民営化前の「睡眠貯金」失う前に確認を

    10年以上放置された預金「休眠預金」を社会事業に生かす「休眠預金制度」が2019年1月から始まります。 金融機関に申請すれば払い戻せる仕組みですが、引っ越しや転職で把握が難しい場合もあり、本人の確認が大切になります。滞…
  • アパート融資

    地銀のアパート融資 不動産業者と相互依存の強さ浮き彫り

    11月21日の日経新聞に、日経新聞が地銀に対して行ったアパート融資に関するアンケート結果の記事がございましたので、ご紹介いたします。 日本経済新聞が地方銀行に実施した調査で、地銀が行っている投資用不動産向け融資・通…
  • 老後破産 年金支給額

    『マクロ経済スライド』発動 年金抑制の課題とは

    11月22日の日経新聞に、年金抑制策「マクロ経済スライド」に関する記事が掲載されていたので、ご紹介いたします。 厚生年金など公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」が2019年度に発動される見通しです。 …
  • 思っている以上にあなたは長生きする

    11月24日の東洋経済より平均寿命が延びていることについてご紹介します。 「人生100年時代」という言葉を知ってますでしょうか。 今世紀に生まれた子供たちの寿命が100歳を超える時代になりました。 1980年前…
  • 老後破産 外貨保険

    外貨保険の中途解約リスク

    11月10日の日経新聞に掲載されていた、外貨建て保険についてご紹介します。 退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えています。 米ドル、豪ドルといった外貨で保険料を一時払いする商品の市場…
  • 年金対策 個人

    年金は個人の運用が主流に 企業年金、確定拠出が5割超え

    10月24日の日経新聞に掲載された確定拠出年金についての最新情報をご紹介します。 従業員の年金を確定拠出型で支払う企業が増えています。 10月23日、厚生労働省は企業年金制度のある企業の内、従業員が運用手段を決め…
  • 老後破産を防ぐ

    親類がいても『孤立死』増加傾向

    10月22日の日経新聞より、単身世帯の増加により増加している孤立死の問題に関し、ご紹介いたします。 誰にも気付かれることなく死亡する「孤立死」。 高齢の単身世帯の増加に伴い、孤立死を生むリスクも高まりを見せていま…
  • 暗黒の月曜日

    アルゼンチン インフレ率40.5%に

    10月17日、アルゼンチン政府は9月の消費者物価上昇率が前年同月比40.5%だったと発表しました。 9月は国際通貨基金(IMF)の支援や金融政策を巡る不透明感から通貨安が続いたため、輸入物価の上昇で食品や燃料費が高…
  • 年金

    年金繰り上げ 注意点多く

    老後の最大の支えである公的年金は65歳からの受給が原則。しかし、受給開始を最大60歳へ繰り上げることも最大70歳へ繰り下げることもできる。現状では繰り下げより繰り上げを選ぶ人の方が多い。繰り上げは早くもらえるが、一生金額…
ページ上部へ戻る