カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 住宅ローン

    住宅ローン、低金利・長期化見込み「変動型」が過去最高56% 

    2018年7月4日の日本経済新聞に住宅ローンに関する記事が掲載されていたのでご紹介します。老後破産をしないための対策として、ローンを活用してマンション経営を考えている人は参考までにみていきましょう。 住宅ローンを変…
  • 銀行の投資信託、46%の個人が「損」

    金融庁が問題を提起 実は46%の個人が「損」 銀行の投資信託

    2018年7月5日の朝日新聞DIGITALに投資信託に関する記事が掲載されていましたのでご紹介させて頂きます。 老後破産を回避するために資産運用をと考えた際に、その選択肢の一つとして浮かんでくる投資信託ですが、参考まで…
  • 医療費増加

    高齢化と医療高度化によって膨らみ続ける日本の医療費

    2018年6月23日の日本経済新聞に医療費の記事が掲載されていましたのでご紹介させて頂きます。 人生100年時代を支える医療、その根幹を支えている医療費の状況はどうなっているのでしょうか?そして今後この医療費に負担がか…
  • 老後破産 70歳定年

    浮上する70歳定年制 人手不足で「高齢」問い直す 骨太の方針

    6月15日の臨時閣議で、政府は2018年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)や成長戦略を決めました。 その中で焦点となったのが人手不足への対応策で、外国人労働者の受け入れ拡大と共に65歳を超えても健康な高齢者へ白羽の…
  • 負担増

    骨太の方針で高齢者への負担増へ

    2018年6月22日の日本経済新聞に今後の社会保障に関する記事が掲載されていましたのでご紹介します。高齢者への負担増は他人事ではありません。収入がない中、負担が増せば当然老後破産の可能性は高くなってしまいます。 経済財…
  • 収入格差

    単身世帯の貯蓄ゼロは4割

    給与随時払サービス「キュリカ」を運営するヒューマントラストは2017年にこのサービスを始め、現在の導入企業は100社で、利用者は11万人に達したといいます。このサービスが延びた一因として「貯蓄のない非正規雇用者が増えてい…
  • 貯蓄より投信へ 確定拠出年金

    2018年6月13日の日本経済新聞に将来の為の資産運用に関して記事が掲載されていたのでご紹介させていただきます。老後破産対策として様々な選択肢があるが、今回は確定拠出年金の動向に関して確認していきましょう。 5月の…
  • 老後破産 医療費の窓口負担割合

    高齢者の医療費 75歳以上への拡大検討

    6月9日の日経新聞に高齢者の医療費負担額に関する記事がございましたので、ご紹介します。 保険証を持って病院に行く際、窓口で支払う自己負担の割合は年齢などで異なります。医療サービスの給付は増加の一途で、負担割合の見直し議…
  • 老後破産、個人年金対策の和不動産

    世界的一の投資家・バフェット流投資術とは?

    6月2日の日経新聞に掲載されていた記事より、世界的な投資家・ウォーレン・バフェット氏の投資術についてご紹介したいと思います。 老後破産対策のために資産を運用する方は、氏の考え方を参考にしても良いかもしれません。この考え…
  • 高所得高齢者「自己負担3割」対象拡大を検討 現役世代とのバランスを

    5月30日の日経新聞に掲載されていた高齢者の医療・介護費用に関するニュース記事をご紹介いたします。 厚生労働省が、高齢者の医療・介護サービスの自己負担割合を検討することが分かりました。老後破産の可能性をさらに広げて…
ページ上部へ戻る