カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 出生率減少から見る社会保障への影響

    2017年の推計より2年早く減る出生数 日本の出生数は2021年に90万人を下回ると予想されていましたが、2年前倒しで90万人割れになると見込まれました。厚生労働省が発表した人口動態統計の速報値によると、2019年1月…
  • 早期の実現目指す老後不安解消の為の企業年金 70歳までの加入可能へ

    「企業年金」確定拠出期間の延長へ 今後、公的年金の給付水準は少子高齢化で低下します。そのため老後への資産状況に不安が苛まれる今、企業が従業員の老後を支える福利厚生として設ける任意の年金「企業年金」があります。厚労省は「…
  • 人生計画想定外の出費

    想定外の意外な出費 家族構成、妻と長男・長女、現在63歳専門商社総務(再雇用)の方のお話です。 公団で暮らしていましたが、父親が倒れことをきっかけに両親と同居が始まりました。 父親の所有する横浜市の高級住宅街にある…
  • あなたの老後の不安は「健康」それとも「お金」

    老後の不安は人それぞれですが、多くの方が不安を抱えていることは どのような事だと思いますか? 医療機器メーカーのオムロンヘルスケアーが40代~70代の男女6184人へ 人生100年時代のシニアの健康をテーマに …
  • 貯蓄と負債からみる貧富の格差

    貯蓄と負債からみる貧富の格差 2019年の通常国会で、老後に夫婦で「約2000万円の金融資金が必要」とした 金融庁の報告書を巡り議論が紛糾した「老後2000万問題」や先日、厚生労働省が 発表した100歳以上の人…
  • 高齢者

    65歳以上の高齢者 総人口の約3割に

    総人口が減少している中で、高齢者の人口が過去最多に 総務省が2019年9月16日の敬老の日にあわせてまとめた15日時点の人口推計によると、65歳以上の高齢者人口は前年比32万人増の3588万人だったとのことで、過去最多…
  • 年金

    100歳以上の人口が記録更新 【7万人超え】

    2019年の今年は、全国で100歳以上の高齢者が7万1238人になると厚生労働省が9月13日に発表しました。49年連続で過去最高を更新しています。また、内閣府によると総人口が減少する中で高齢者が増加することにより高齢化率…
  • 現金と年金

    68歳まで働かないと現在20歳が現状の年金額の水準をもらえない

    公的年金制度の財政検証結果公表 厚生労働省は先日、公的年金制度の財政検証結果を公表し、公的年金制度の改革が急務であることが見えてきました。 経済成長率が最も高いシナリオでも将来の給付水準は、今より16%下がり、 …
  • じわりと上昇 40歳以上が負担する介護保険料が年10万円を超える

    介護保険料が上昇中 豊かな老後生活を過ごしたいのはみなさん同じだと思いますが、老後で考えないといけないライフステージの1つとして「介護」というのがあります。介護は、いざ親の介護や自分が介護されるときになって考え…
  • 年金対策 

    最悪のシナリオの場合2052年には年金の積立金が枯渇

    年金、支え手拡大急ぐ 厚労省が27日公表した公的年金の財政検証では、少子高齢化で先細りする公的年金の未来像が改めて示されました。 日本経済がマイナス成長を続け、労働参加が進まないと2052年には国民年金(基礎年金…
ページ上部へ戻る