カテゴリー:老後破産対策ニュース

  • 日本人の将来不安、世界でも浮き彫りに

    BNPパリバ・カーディフは、世界26か国・地域の18歳以上の男女26,000人を対象に「将来プランの実現と保険」に関する意識調査を実施しました。 その結果日本は、「将来に自信がある」と答えた人数が26カ国中最下位で…
  • 稼ぐ高齢者の年金減額 「在職老齢年金」見直しへ

    厚生労働省は「在職老齢年金」について、当初は制度の廃止を念頭に議論を進めていましたが、高所得である高齢者優遇になるとの批判を受け、制度維持が事実上頓挫しました。廃止を検討していた厚労省が制度維持に一方向性を切り替えました…
  • 年金対策 

    マクロ経済スライド、来年度も発動~公的年金2年連続抑制へ

    公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」が2020年度に発動される見通しとなりました。老後2000万円問題をめぐり、安倍首相が「マクロ経済スライド」という言葉を連呼したため、話題となり耳にしたことがある方も多いので…
  • 世界株 最高値まで1%

    世界の株式市場全体の値動きを表す「MSCI全世界株価指数」が11月8日に発表されました。 2018年1月に最高値「550」と付けられましたが、今回は「543」と、最高値まであと1.3%に近づきました。 …
  • 老後の不安

    生活水準の生活するだけの為に2000万円も必要

    夢見るゆとりのある老後生活 皆さんゆとりのある生活をしたいですよね。 しかし今後の私たちの生活はゆとりのある生活どころか水準的な生活を送ることですら、難しくなりそうな問題が提示されました。 その問題というのが、金融…
  • セカンドライフのお金は備えと労働

    公的年金だけで賄うには難しいセカンドライフ 「老後2000万円問題」とは、金融長の審議会によって夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦世帯が老後の生活収支で月額は約5万円が不足し、保有する金融資産を取り崩さないといけない…
  • 準備できていますか定年後の貯蓄

    セカンドライフの為の貯蓄額 老後破産や少子高齢化、人生100年時代等、今後の見通しが付かない今。 退職後の生活「セカンドライフ」にかかるお金を気にする人が増えています。 日本生命がインターネット上で1万人強を対…
  • 出生率減少から見る社会保障への影響

    2017年の推計より2年早く減る出生数 日本の出生数は2021年に90万人を下回ると予想されていましたが、2年前倒しで90万人割れになると見込まれました。厚生労働省が発表した人口動態統計の速報値によると、2019年1月…
  • 早期の実現目指す老後不安解消の為の企業年金 70歳までの加入可能へ

    「企業年金」確定拠出期間の延長へ 今後、公的年金の給付水準は少子高齢化で低下します。そのため老後への資産状況に不安が苛まれる今、企業が従業員の老後を支える福利厚生として設ける任意の年金「企業年金」があります。厚労省は「…
  • 人生計画想定外の出費

    想定外の意外な出費 家族構成、妻と長男・長女、現在63歳専門商社総務(再雇用)の方のお話です。 公団で暮らしていましたが、父親が倒れことをきっかけに両親と同居が始まりました。 父親の所有する横浜市の高級住宅街にある…
ページ上部へ戻る